Apache(アパッチ)

Ubuntuに「php-fpm」をインストール(Apache2.4 + PHP7.1)

デフォルトの「mod_php」ではなく、

Ubuntuに「php-fpm」をインストールして、

Apache(バージョンは2.4)と連携する方法です。
※PHPのバージョンは7.1です。

 

■php-fpmをインストール
# sudo apt-get -y install php7.1-fpm

■モジュールを有効化
# sudo a2enconf php7.1-fpm

■www.confを修正
# sudo vi /etc/php/7.1/fpm/pool.d/www.conf

listen = /run/php/php7.1-fpm.sock

;listen = /run/php/php7.1-fpm.sock
として、コメントアウト。

で、
listen = 127.0.0.1:9000
を追加。
FastCGI「www.conf」を編集

■「php-fpm」を起動します。
# sudo service php7.1-fpm start

■次に、Apaheのconfファイル(ホストファイル)に以下を追加
# sudo vi /etc/apache2/apache2.conf
=================================
ProxyPass fcgi://127.0.0.1:9000/var/www/html/$1
=================================

例:
=======================================
<VirtualHost xxx.xxx.xxx.xxx:80>

  ServerName sample.com
   ServerAlias www.sample.com
   DocumentRoot /var/www/html/

  <LocationMatch "^(.*\.php)$">
    ProxyPass fcgi://127.0.0.1:9000/var/www/html/$1
  </LocationMatch>

</VirtualHost>
=======================================
※「/var/www/html/」のパスは環境に応じて変更する

■Apacheを再起動
# sudo service apache2 restart

 

■念の為に、phpinfo()で「Server API」の項目を確認します。

「FPM/FastCGI」に変更されていればOKです。
FPM/FastCGI

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

関連記事

最近の記事

  1. アフィリエイト
  2. VPSサーバー
  3. ブログのネタ探し
  4. プログラミング
  5. SSLとは
  6. 常時SSL通信設定後にやっておくべきこと
  7. 常時SSL通信設定方法
  8. htaccessとは
  9. WordPress
  10. WordPress

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • 世間は今日から新入社員が入ってくる時期か。 新卒一括採用の波に乗れんかった人間やから、 同じ日に一括で社会に放り込まれるという感覚が分からん。
    about 18時間 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP