WP:WordPress(ワードプレス)

プラグイン「WP Basic Auth」で公開ページにベーシック認証を設定

プラグイン「WP Basic Auth」の設定

個人のメモ書き用にインストールしているWordPressがあるのですが、

放置していると、いつの間にかGoogleにインデックスされてしまっていました。

 

他人に見られても問題の無い内容のページなので放置していても問題はないのですが、

人様に見せるようなページでもないので、

今回はベーシック認証(BASIC認証)でも掛けて見れないようにしておきます。

 

WordPressの場合には「WP Basic Auth」というプラグインがあるので、

これを使えば簡単に認証を設定できます。

 

方法は、

「プラグイン」メニュー → 「新規追加」から「WP Basic Auth」を検索してインストール

「WP BASIC Auth」をインストール

プラグインを有効化

でOKです。

 

特別な設定などは必要ないので、

これでユーザー公開ページにアクセスするとベーシック認証が掛かっていると思います。

こんな風に↓↓
ベーシック認証

認証時の「ユーザー名」と「パスワード」には、

WordPress管理者の「ユーザー名」と「パスワード」がそのまま設定されます。

 

簡単ですね!!

 

開発途中のサイトにもベーシック認証を掛けると思いますが、

その場合にも簡単に設定できるので、

今後も活用していきたいですね。

 

ベーシック認証(Basic認証)について

最後に、ベーシック認証(Basic認証)についてですが、

便利ですが、基本認証とも呼ばれ、単純な認証方法の一つです。

・パスワード漏洩のリスクが大きい
 ※入力した「ユーザ名」、「パスワード」が平文のままサーバに送信される為に、盗聴されてしまうと危険です。
・ログアウト機能が無い

といった面もあるので、

あくまで見られても問題はないが、作成中の為にまだ公開したくない・一般に公開するようなサイトではない、

といった場合にのみに利用するようにしましょう。

 

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 共用サーバ(レンタルサーバ)
  2. サーバー
  3. リマーケッター
  4. 不動産会社向けのWordPressテーマ
  5. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  6. ホームページを活用
  7. Perl(パール)
  8. Perl(パール)
  9. ホームページを活用
  10. データ転送
ConoHa WING 2周年キャンペーン中

アーカイブ

PAGE TOP