SSL(HTTPS)

【KUSANAGI】無料SSL「Let's Encrypt」をインストール

「KUSANAGI」でサイトを構築する際のお話です。

 

プロビジョニングを行う時に、

「Let's Encrypt(無料SSL)」のインストールを飛ばしてしまった場合ですが、

後からでも簡単にインストールできます。

 

方法は、

kusanagi ssl --email [メールアドレス]【プロファイル名】

を実行するだけです。

 

# kusanagi ssl --email info@sample.com sample

以下の様な実行結果になれば、OKです。
KUSANAGI Let's Encryptをインストール
※自動更新も有効になります。

 

あと、

サイトへのアクセス時にSSL通信を強制したい場合には、

# kusanagi ssl --https redirect 【プロファイル名】

を実行します。
SSL強制通信

設定したドメインのサイトにアクセスしてみてください。

http://sample.com

にアクセスすると、

https://sample.com

にリダイレクトされると無事に設定完了です。

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

関連記事

最近の記事

  1. ブログのネタ探し
  2. プログラミング
  3. SSLとは
  4. 常時SSL通信設定後にやっておくべきこと
  5. 常時SSL通信設定方法
  6. htaccessとは
  7. WordPress
  8. WordPress
  9. 動的URLを疑似静的化
  10. ホームページ(homepage)

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • 客「SSL設定して貰えませんか?」 ↓ 弊社「では、SSLのインストールを行うので、サーバのコントロールパネルへアクセスさせて貰えますか?」 ↓ 客「それはできません。自分たちで設定するので、弊社に来て設定が間違えていないか横で見… twitter.com/i/web/status/1…
    about 5時間 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP