【KUSANAGI】プロビジョニング

前回の記事[ 【KUSANAGI】申し込み~初期設定 ]で初期設定まで完了したので、

次はプロビジョニングを行い、

WEBサイトを公開するまでのお話になります。

 

公開するWEBサイトは2サイトです。

実際のドメインをさらす訳にはいかないので、

①、1サイト目:http://sample01.com/ => WordPressサイト
②、2サイト目:http://sample02.com/ => WordPress以外(PHPで組んだフォームあり)で構築

としておきます。

 

それで、

プロビジョニングを行う前に、

先にDNSレコード(Aレコード)の設定を行っておき、

WEBサーバ(IPアドレス)とドメイン(sample01.comsample02.com)の紐づけを行ってやります。
※方法は別途調べてください
※後からでもいいのですが、先に設定しておいた方がいいと思います。

 

ここからが、

# kusanagi provision [オプション] 【任意のプロファイル名】

を実行して、プロビジョニングします。

 

オプションには、それぞれ

sample01.com => 「--WordPress」
sample02.com => 「--lamp」

を指定します。
※オプション「--lamp」はLAMP環境の事なので、「Linux + Apache + MySQL + PHP」という構成になります。

プロファイル名には、それぞれ

sample01.com には「sample01_html
sample02.com には「sample02_html

を指定することにします。

 

こうすると、

それぞれ
/home/kusanagi/sample01_html/DocumentRoot

/home/kusanagi/sample02_html/DocumentRoot
のディレクトリが作成されます。

 

それでは、

■まずは、[ http://sample01.com/ ]の設定からです。

# kusanagi provision --WordPress sample01_html

WordPressインストール時の言語を選択します↓
WordPressインストール時の言語を選択

ホスト名を設定します↓
ホスト名の設定

Let's Encrypt(無料SSL)を設定します↓
※メールアドレスを入力します(確認の為、2回入力します)
Let’s Encryptの設定
※確認の為、2回入力します
※Let's Encryptを使用しない場合には、何も入力せずにenterでいいらしいです。

 が、折角なんでインストールしておいた方がいいです。

データベース名を設定します↓
データベース名の設定
※確認の為、2回入力します

データベースのユーザー名を設定します↓
データベースのユーザー名の設定
※確認の為、2回入力します

データベースユーザーのパスワードを設定します↓
データベースユーザーのパスワードの設定
※確認の為、2回入力します

プロビジョニングの完了です↓
プロビジョニングの完了

 

■次は、[ http://sample02.com/ ]の設定です。

# kusanagi provision --lamp sample02_html

ホスト名を設定します↓
ホスト名の設定(LAMP)

Let's Encrypt(無料SSL)を設定します↓
※メールアドレスを入力します
Let’s Encryptの設定(LAMP)

データベース名を設定します↓
データベース名の設定(LAMP)

データベースのユーザー名を設定します↓
データベースのユーザー名の設定(LAMP)

データベースユーザーのパスワードを設定します↓
データベースユーザーのパスワードの設定(LAMP)

プロビジョニングの完了です↓
プロビジョニングの完了(LAMP)

 

ここまでの設定が完了すれば、

実際に各サイトにアクセスしてみます。

まずは、 https://sample01.com/ にアクセスしてみます

以下の様にWordPressのインストール画面が表示されれば、OKです↓
WPのインストール

あとは、通常通りインストールを進めていけば、

サイトを公開できるようになります。

 

次は、 http://sample02.com/ にアクセスしてみます

と言っても、何もファイルを作成していないので、

このままだと何も表示されません。

# vi /home/kusanagi/sample02_html/DocumentRoot/index.php

として

<?php echo "テストです!!"; ?>

と記述してみてください。

で、サイトにアクセスしてみて「テストです!!」と表示されれば、OKです!!

 

この後は、

勿論、脆弱性の対応などを行う必要がありますが、

取りあえずの公開設定は完了です。

 

因みに、

もし何らかの理由で作成したプロファイルを削除する場合には、

# kusanagi remove -y 【プロファイル名】

とします。

初めての設定の場合には試行錯誤しながらの作業になるので、

一から構築し直した場合もありますね。

その場合は、

上記で一度削除してから、

もう一度プロビジョニングして下さい。

 

上記のように「-y」を付けると、

プロファイル、設定ファイル、データベースをすべて削除します。

もし、データベースなどを残したいなどと言う場合には、

# kusanagi remove 【プロファイル名】

とすれば、

対話形式で進めてくれます↓
プリファイルを削除

 

0
この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. WP:WordPress(ワードプレス)
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. WP:WordPress(ワードプレス)
  4. SNSシェア
  5. 開始
  6. コーディング
  7. WP:WordPress(ワードプレス)
  8. WP:WordPress(ワードプレス)
  9. Linux(リナックス)
  10. HTMLコーディング

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • 昨日、オープンしたばかりの北村写真機店に行ってきました。結構混んでいたので、店内をさっと回って出てきたのですが、ニコンのz6が中古15万くらいだったので思わず買ってしまいそうに。 今気になっている機種があるので、コロナが落ち着いた… twitter.com/i/web/status/1…
    about 14時間 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP