WP:WordPress(ワードプレス)

WordPress プラグインでサイト改善

ずっと放置しいてたサイト(WordPressで構築)があったのですが、
本日は少し時間があったので改善を行うことにしました。

で、まずは、https://gtmetrix.com/で測定してみると、
最悪の結果に。。。。Google(PageSpeed Score)のスコアがF(30%)でした。。。

 

サイトはWPで構築していたので、
今回は諸々の対応をプラグインに任せることにしました。

対応したのは、
①、プラグイン「Autoptimize」を使ったHTML、CSS、Javascriptの圧縮
②、プラグイン「EWWW Image Optimizer」を使った画像の圧縮

 

プラグイン「Autoptimize」を使ったHTML、CSS、Javascriptの圧縮

Autoptimize」のインストール完了後、
管理画面左メニューから「設定」→「Autoptimize」と画面を遷移すると、
以下のような設定画面が表示されます。
WPプラグイン:Autoptimizeの設定画面

「メイン」タブを確認すると、デフォルトではすべてチェックが外れているので、
HTML コードを最適化」「JavaScript コードの最適化」「 CSS コードを最適化」の3つにチェックを入れて、保存します。

設定はこれだけです。

あとは、ブラウザ上から設定前後のソースを確認すると、圧縮されていると思います。

 

プラグイン「EWWW Image Optimizer」を使った画像の圧縮

EWWW Image Optimizer」のインストール完了後、
管理画面左メニューから「設定」→「EWWW Image Optimizer」と画面を遷移すると、
以下のような画面に遷移します。
WPプラグイン:EWWW Image Optimizerの設定画面
必要に応じて各タブを開いて、それぞれ項目の設定を行って貰えばと思いますが、
折角なので「メタデータを削除」にもチェックを入れておきます。

このプラグインが助かるのは、過去の画像も一括で最適化してくれることです。

方法は、まず管理画面左メニューから「メディア」→「一括最適化」と画面を遷移すると以下の画面が出てくるので、
最適化されていない画像をスキャンする」をクリックしてスキャンを行います。
WPプラグイン:EWWW Image Optimizer スキャン

で、「最適化を開始」で、圧縮を開始します。
WPプラグイン:EWWW Image Optimizer 最適化

因みに、このブログは写真が「20513 個」ありました。
この枚数だと、全ての画像の圧縮が完了するまでに1日掛かります。。。

「EWWW Image Optimizer」に関しては以下の記事で詳しく説明しているので、よければそちらも参照してみて下さい。
[ 【WordPress】プラグイン「EWWW Image Optimizer」で画像を軽量化 ]

 

ここまでやって、もう一度、https://gtmetrix.com/で測定すると、
C(73%)までは改善しました。

A判定には届きませんでしたが、元々の評価を考えれば十分ですかね。

 

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

Twitter

アーカイブ

PAGE TOP