WP:WordPress(ワードプレス)

WordPressのプラグイン「WP Photo Sphere」で360°パノラマ写真を公開

360°パノラマ写真(全天球画像)の埋め込みを行えるWordPressプラグインの「WP Photo Sphere」を試してみました。

今回は、そのプラグインの設定方法の紹介です。

 

まずは「WP Photo Sphere」のインストールを行い、

その後投稿画面に移動します。
プラグイン:WP Photo Sphere
「Add a panorama」というボタンが表示されているので、クリックしてパノラマ写真を選択します。

プラグイン:WP Photo Sphere 画像の選択
該当のパノラマ画像を選択します。

プラグイン:WP Photo Sphere タイトル 
タイトル」を入力し、「Add」をクリックします。
※今回は、「タイトル」に「sample」と入力しておきます。

そうすると、ショートタグ([ sphere xxx])が挿入されると思います。
プラグイン:WP Photo Sphere ショートコード

公開すると、ユーザー側には以下の様に表示されます。
プラグイン:WP Photo Sphere ユーザー側01
タイトル部分をクリックすると、以下の様にパノラマ写真が再生されます。

プラグイン:WP Photo Sphere ユーザー側02

デフォルトだと、タイトルには「WP Photo Sphere ("アップロード時に登録したタイトル")」が表示され、

これだとあまり見栄えが良くないです。

それに、デフォルトではパノラマが自動再生されないのもユーザーにとっては不親切だと思います。

 

なので、設定を変更します。

設定変更は、

左メニュー「設定」→「WP Photo Sphere」と移動して、

以下の画面を開きます。
プラグイン:WP Photo Sphere 設定画面

ここで、以下の様に変更します。
・「Text of the link」を「WP Photo Sphere (%title%)」から「%title%」に修正
・「Automatically load panoramas」にチェックを入れる

プラグイン:WP Photo Sphere ユーザー側03

これで、タイトルが変更され、

パノラマもデフォルトで自動再生を開始するようになります。

 

こんな感じで公開されていると思います↓↓
[sphere 6627]

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

Twitter

アーカイブ

PAGE TOP