PHP(ピー・エイチ・ピー)

【PHP】CodeIgniter 3の入門(初期設定からHello World!の表示まで)

CodeIgniter 3について

CodeIgniterとは、PHPのWEBフレームワークで、「コードイグナイター」と読みます。

軽量で高速なフレームワークで、フレームワークの中でも、比較的、少ない学習コストで覚えることができるので、
フレームワーク初心者の方にもおすすめです。

規模としては、小規模から中規模サイトのシステムの構築に向いており、
弊社でもWEBサイトやWEB APIの作成に利用したことがあります。

今回は、ダウンロードから、初期設定、「Hello World!」の表示までを説明するので、
良ければ参考にして下さい。
入門編なので、フレームワークのスクリプトはFFFTPを使ってチャチャっとアップして利用します。

ダウンロードからアップロードまで

以下のサイトから最新版をダウンロードして下さい。
https://codeigniter.com/
CodeIgniterのダウンロード
現時点での最新バージョンは、3.1.10です。

ダウンロードが完了したら、ZIPファイルを解凍して展開して下さい。
以下のようなファイル構成になっていると思います。
CodeIgniter 解凍後のファイル一覧

取りあえず、以下の3つをアップしておけば動作します。
applicationディレクトリ
sysytemディレクトリ
index.php

こちらを、WEBアプリケーションを設定するディレクトリにアップロードして下さい。

初期設定

初期で設定が必要なのは、application/config/config.phpです。

あと、データベースを利用する場合は、application/config/database.phpも初期のうちに設定しておきましょう。

config.phpの設定

まずは、application/config/直下のconfig.phpを開いてください。
$config['base_url'] = '';
という項目があるので、
この箇所に公開ページのURLを設定します。

トップページのURLをhttps://example.com/とすると、
$config['base_url'] = 'https://example.com/';
と設定します。

設定ファイルをアップロードしたら、
一旦、画面を確認してみましょう。

トップページ(https://example.com/)にアクセスしてみて下さい。
以下の様に表示されていればOKです。
CodeIgniterのウェルカムページページを確認

database.php(データベース情報)の設定

データベースを利用する場合には、
application/config//直下のdatabase.phpを開いて、データベースの情報を記載します。

database.phpを開くと、以下の様な記述部分があります。

$db['default'] = array(
'dsn' => '',
'hostname' => 'localhost',
'username' => '',
'password' => '',
'database' => '',
'dbdriver' => 'mysqli',
'dbprefix' => '',
'pconnect' => FALSE,
'db_debug' => (ENVIRONMENT !== 'production'),
'cache_on' => FALSE,
'cachedir' => '',
'char_set' => 'utf8',
'dbcollat' => 'utf8_general_ci',
'swap_pre' => '',
'encrypt' => FALSE,
'compress' => FALSE,
'stricton' => FALSE,
'failover' => array(),
'save_queries' => TRUE
);

MySQLやPostgreSQL、Oracle、ODBCなどを利用できますが、
WEBアプリケーションの開発の場合には、MySQLPostgreSQLの利用が一般的だと思います。

MySQLを利用する場合には、以下の項目を設定します。
'hostname' => 'DB ホスト名'
'username' => 'MySQLのユーザー名'
'password' => 'MySQLのパスワード'
'database' => 'データベース名'
'dbdriver' => 'mysqli'

もし、PostgreSQLを利用する場合には、
'dbdriver' => 'mysqli'

'dbdriver' => 'postgres'
に変更して下さい。

.htaccessの設置

.htaccessを設定します。

まず、.htaccessを作成して、以下の4行を追記するだけです。

RewriteEngine On
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule ^(.*)$ index.php/$1 [L]

この設定を行っておかないと、公開ページのURLに「index.php」が入ってしまうので注意して下さい。

Hello World!を表示

トップページ(https://example.com/)に「Hello World!」と表示させるところまで説明します。

まずは、
application/config/routes.phpを開いて下さい。

デフォルトのコントローラーを変更します。

$route['default_controller'] = 'welcome';

$route['default_controller'] = 'helloworld';
に変更して下さい。

次に、コントローラー(Controler)の作成を行います。

application/controllers/HelloWorld.phpというファイルを作成して、以下のコードを記述して下さい。

<?php
defined('BASEPATH') OR exit('No direct script access allowed');

class Helloworld extends CI_Controller {

public function index()
{
$d["message"] = "Hello World!";
$this->load->view("index", $d);
}

}

これで、コントローラーの作成は完了です。

最後に、ビュー(View)の作成を行います。

application/views/index.phpというファイルを作成して、以下のコードを記述して下さい。

<html>
<head>
<title><?php echo $message; ?></title>
</head>
<body>
<p><?php echo $message; ?></p>
</body>
</html>

これで設定は完了です。
再度、トップページ(https://example.com/)にアクセスしてみて下さい。

「Hello World!」と表示されていれば、OKです!

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. スパム(SPAM)対策
  2. サイト公開
  3. ネームサーバーの登録
  4. DNSレコードの登録
  5. ドメイン取得・管理
  6. ドメインについて
  7. WP:WordPress(ワードプレス)
  8. URL設計(URLデザイン)
  9. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  10. SEO対策(外部ファイルの読み込み)

アーカイブ

PAGE TOP