PHP(ピー・エイチ・ピー)

PHP

【PHP】CodeIgniter 3の入門(初期設定からHello World!の表示まで)

CodeIgniter 3について

CodeIgniterとは、PHPのWEBフレームワークで、「コードイグナイター」と読みます。

軽量で高速なフレームワークで、フレームワークの中でも、比較的、少ない学習コストで覚えることができるので、
フレームワーク初心者の方にもおすすめです。

規模としては、小規模から中規模サイトのシステムの構築に向いており、
弊社でもWEBサイトやWEB APIの作成に利用したことがあります。

今回は、ダウンロードから、初期設定、「Hello World!」の表示までを説明するので、
良ければ参考にして下さい。
入門編なので、フレームワークのスクリプトはFFFTPを使ってチャチャっとアップして利用します。

ダウンロードからアップロードまで

以下のサイトから最新版をダウンロードして下さい。
https://codeigniter.com/
CodeIgniterのダウンロード
現時点での最新バージョンは、3.1.10です。

ダウンロードが完了したら、ZIPファイルを解凍して展開して下さい。
以下のようなファイル構成になっていると思います。
CodeIgniter 解凍後のファイル一覧

取りあえず、以下の3つをアップしておけば動作します。
applicationディレクトリ
sysytemディレクトリ
index.php

こちらを、WEBアプリケーションを設定するディレクトリにアップロードして下さい。

初期設定

初期で設定が必要なのは、application/config/config.phpです。

あと、データベースを利用する場合は、application/config/database.phpも初期のうちに設定しておきましょう。

config.phpの設定

まずは、application/config/直下のconfig.phpを開いてください。
$config['base_url'] = '';
という項目があるので、
この箇所に公開ページのURLを設定します。

トップページのURLをhttps://example.com/とすると、
$config['base_url'] = 'https://example.com/';
と設定します。

設定ファイルをアップロードしたら、
一旦、画面を確認してみましょう。

トップページ(https://example.com/)にアクセスしてみて下さい。
以下の様に表示されていればOKです。
CodeIgniterのウェルカムページページを確認

database.php(データベース情報)の設定

データベースを利用する場合には、
application/config//直下のdatabase.phpを開いて、データベースの情報を記載します。

database.phpを開くと、以下の様な記述部分があります。

$db['default'] = array(
'dsn' => '',
'hostname' => 'localhost',
'username' => '',
'password' => '',
'database' => '',
'dbdriver' => 'mysqli',
'dbprefix' => '',
'pconnect' => FALSE,
'db_debug' => (ENVIRONMENT !== 'production'),
'cache_on' => FALSE,
'cachedir' => '',
'char_set' => 'utf8',
'dbcollat' => 'utf8_general_ci',
'swap_pre' => '',
'encrypt' => FALSE,
'compress' => FALSE,
'stricton' => FALSE,
'failover' => array(),
'save_queries' => TRUE
);

MySQLやPostgreSQL、Oracle、ODBCなどを利用できますが、
WEBアプリケーションの開発の場合には、MySQLPostgreSQLの利用が一般的だと思います。

MySQLを利用する場合には、以下の項目を設定します。
'hostname' => 'DB ホスト名'
'username' => 'MySQLのユーザー名'
'password' => 'MySQLのパスワード'
'database' => 'データベース名'
'dbdriver' => 'mysqli'

もし、PostgreSQLを利用する場合には、
'dbdriver' => 'mysqli'

'dbdriver' => 'postgres'
に変更して下さい。

.htaccessの設置

.htaccessを設定します。

まず、.htaccessを作成して、以下の4行を追記するだけです。

RewriteEngine On
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule ^(.*)$ index.php/$1 [L]

この設定を行っておかないと、公開ページのURLに「index.php」が入ってしまうので注意して下さい。

Hello World!を表示

トップページ(https://example.com/)に「Hello World!」と表示させるところまで説明します。

まずは、
application/config/routes.phpを開いて下さい。

デフォルトのコントローラーを変更します。

$route['default_controller'] = 'welcome';

$route['default_controller'] = 'helloworld';
に変更して下さい。

次に、コントローラー(Controler)の作成を行います。

application/controllers/HelloWorld.phpというファイルを作成して、以下のコードを記述して下さい。

<?php
defined('BASEPATH') OR exit('No direct script access allowed');

class Helloworld extends CI_Controller {

public function index()
{
$d["message"] = "Hello World!";
$this->load->view("index", $d);
}

}

これで、コントローラーの作成は完了です。

最後に、ビュー(View)の作成を行います。

application/views/index.phpというファイルを作成して、以下のコードを記述して下さい。

<html>
<head>
<title><?php echo $message; ?></title>
</head>
<body>
<p><?php echo $message; ?></p>
</body>
</html>

これで設定は完了です。
再度、トップページ(https://example.com/)にアクセスしてみて下さい。

「Hello World!」と表示されていれば、OKです!

WordPress短期学習プログラム

関連記事

  1. PHP(ピー・エイチ・ピー)

    PHP

    【PHP】FPDF PDFに画像出力

    PHPライブラリーFPDFで画像を扱う方法FPDFでP…

  2. PHP(ピー・エイチ・ピー)

    PHP

    imagejpeg(): Filename cannot be empty in...

    以前組んだシステムを別のサーバーに設置することに!!…

  3. PHP(ピー・エイチ・ピー)

    PHP

    【PHP】「max_file_uploads」で同時にアップロード可能なファイル数の上限を変更

    同時にアップロー出来るファイルの数を設定する場合には、pn…

  4. 学習

    PHP

    WEBプログラマーを目指すなら、まずはPHPを学ぶべき!

    WEB業界への転職を考えている方は、まずはPHPを勉強すべきで…

  5. PHP(ピー・エイチ・ピー)

    PHP

    PHP PDFファイルのアップロード機能を追加

    お客様から、既存システムにPDFファイルをアップロードする機能を追…

  6. PHP(ピー・エイチ・ピー)

    PHP

    cURL関数を使ってみます!!

    XMLファイルのURLを読み込んで処理しようとすると、PHPの…

最近の記事

  1. WordPressのセキュリティ対策(脆弱性対策)
  2. ドメイン失効
  3. SEO関連タグ
  4. SEO関連タグ
  5. レンタルサーバー(共用サーバー)
  6. システム開発用のアイキャッチ
  7. システム開発用のアイキャッチ
  8. ドメイン 利用制限
  9. WP:WordPress(ワードプレス)
  10. システム開発用のアイキャッチ
PAGE TOP