WP:WordPress(ワードプレス)

WP(WordPress)

【WordPress】is_page()で固定ページかどうかの判定

is_page()で固定ページの判定

固定ページかどうかを判定して処理を実行する場合、
is_page()という関数を使用します。

このようなコードになります。

<?php if( is_page() ): ?>
ここに処理を書く
<?php endif; ?>

もし、固定ページと固定ページ以外で処理を分けたい場合には、以下の様なコードになります。

<?php if( is_page() ): ?>
固定ページでの処理
<?php else: ?>
固定ページ以外での処理
<?php endif; ?>

 

ページID、ページタイトル、スラッグを指定して、特定の固定ページの判定

特定の固定ページのみでのみ処理を実行したい場合もあります。

その場合には、ページIDページタイトルスラッグのいずれかを指定します。

このような感じになります。

【ページIDを指定】
is_page("ページID")
【ページタイトルを指定】
is_page("ページタイトル")
【スラッグを指定】
is_page("スラッグ")

もし、複数の固定ページを判定する場合には、配列で指定します。
is_page( array("ページID1", "ページID2", "ページID3") )

また、
is_page( array("ページID1", "ページID2", "ページタイトル", "スラッグ") )
のように、ページID、ページタイトル、スラッグが混ざっていてもOKです。

 

利用方法としては、
例えば、固定ページで様々なページを作成すると思いますが、
サイトマップ、プライバシーポリシーは1カラム、それ以外のページは2カラムのデザインにしたい場合、
このようなコードで条件分岐させます。

<?php if( is_page("サイトマップ", "プライバシーポリシー") ): ?>
1カラムでの表示
<?php else: ?>
2カラムでの表示
<?php endif; ?>

 

is_singular()を使った固定ページの判定

is_singular()を使って固定ページかどうかの判定も可能です。

以下の様に使用します。

<?php if( is_singular() ): ?>
ここに処理を書く
<?php endif; ?>

ただ、is_singular()は、固定ページ記事個別ページ添付ファイルページのいずれかの判定を行います。

WordPress短期学習プログラム

関連記事

  1. 高速(スピード)

    WP(WordPress)

    【WordPress】プラグイン「WebP Express」でWebP画像へ対応

    WebPについて現在、WordPress上から画像をア…

  2. WP:WordPress(ワードプレス)

    WP(WordPress)

    「WordPress JSON REST API」を使って記事を取得です。

    今週は個人的に「JSON REST API」週間と銘打っているので、…

  3. SNS(ソーシャルメディア)
  4. WP:WordPress(ワードプレス)

    WP(WordPress)

    【WordPress】記事タイトルを出力(表示)、または、取得する方法

    WordPressでは、投稿記事のタイトルを出力(表示)す…

  5. WP:WordPress(ワードプレス)

    SEO

    インデックスされるのが遅いんで、PuSHPressを試してみた

    WordPress PuSHPressでリアルタイムでインデックス…

  6. SEO(エスイーオー)

最近の記事

  1. Technology-Connection-Net
  2. ドメインにハイフンを使うのは日本人だけ?
  3. SSL(HTTPS)
  4. ドメインについて
  5. WP:WordPress(ワードプレス)
  6. ドメイン(domain)
  7. JPドメイン
  8. 高速(スピード)
  9. ブログアクセス
  10. 高速(スピード)
PAGE TOP