360°パノラマ

WP 360°パノラマ写真(全天球画像)の埋め込みを行えるプラグインを検証

シータ(Ricoh Theta)が楽しくなってきたので、

今後はこのブログにも360°パノラマ写真(全天球画像)を掲載していこうと思います。

そこで、パノラマ写真の埋め込みを行えるWordPressのプラグインをいくつか検証してみました。

 

検証してみたのは以下のプラグインです。

■WP-VR-view
■Cardboard
■WP Photo Sphere
■iPanorama 360

 

WP-VR-view
機能は非常にシンプルです。

「メディア」から事前にパノラマ写真をアップロードして、

そのURLを控えておく必要があります。

詳細は、[ WP-VR-viewで360°パノラマ写真を公開 ]に記載しています。

 

Cardboard
メディアから写真をアップロードすれば自動でショートタグ([ cardboard id="xxx"])が追加されるので、

非常に簡単にパノラマを埋め込めます。

詳細は、[ Cardboardで360°パノラマ写真を公開 ]に記載しています。

 

WP Photo Sphere
記事の投稿画面に専用のアップロードボタンが追加され、

そこから簡単に写真をアップロードでき、

ショートタグ([ sphere xxx])を自動で追加してくれます。

なので、パノラマの埋め込み方法は「Cardboard」と大差はないです。

ただ、

公開時の見た目が気に入ったのと、

公開方法もプラグインの設定画面から簡単に変更できるので、

このブログにはこちらのプラグインを使用させて頂くことにしました。

詳細は、[ WP Photo Sphereで360°パノラマ写真を公開 ]に記載しています。

 

iPanorama 360
非常に高機能で、

複数枚のパノラマ写真を組み合わせたギャラリーのようなものを作成することも可能です。

また、作成したパノラマはショートタグ([ ipanorama id="xxx"])を使って簡単に記事に埋め込めます。

個人的にはかなりおすすめのプラグインなんですが、

有料ライセンスがあります。

あと、現時点では日本語の紹介ページが全くないので不安になり、

今回はこのブログへの使用は見送ることにしました。

詳細は、[ 「iPanorama 360で360°パノラマ写真を公開 ]に記載しています。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

Twitter

アーカイブ

PAGE TOP