360°パノラマ

【WordPress】360°パノラマ写真の埋め込みを行えるプラグインを検証

360°パノラマ写真(全天球画像)の埋め込みを行えるプラグインを検証

リコーシータ(Ricoh Theta)が楽しくなってきました。

そこで、
今回はパノラマ写真の埋め込みを行えるWordPressのプラグインをいくつか検証してみました。

検証してみたのは以下のプラグインです。
WP-VR-view
Cardboard
■WP Photo Sphere
■iPanorama 360

 

WP-VR-view

まずは、WP-VR-viewの紹介からです。

こちらのプラグインの機能は非常にシンプルです。

「メディア」から事前にパノラマ写真をアップロードしておいて、
そのURLを記事の投稿画面から登録するだけです。

【WP-VR-viewの使い方】

まず、「WP-VR-view」をインストール・有効化します。

次に、管理画面左側の「メディア」メニューからパノラマ写真をアップロードして、そのURLを取得しておきます。
プラグイン:WP-VR-view メディアの選択

記事の投稿画面に移動すると、
以下の様なアイコンが追加されています。
プラグイン:WP-VR-viewのアイコン

左側のアイコン(青いやつ)がパノラマ画像用、
右側のアイコン(赤いやつ)がパノラマ動画用です。

今回はパノラマ写真の設定なので、
左側の60°パノラマ写真をクリックすると、以下の画面が立ち上がります。
プラグイン:WP-VR-viewの設定
「PhotoSphere image URL」と「Preview image URL」にメディアからアップロードしたパノラマ写真のURLを入力して、
「Insert」をクリックすれば、OKです。
※「Width」や「Height」は必要に応じて入力して下さい。

この時点で、
投稿画面にショートタグ([ vrview img="https://~~" pimg="https://~~"])が埋め込まれていると思うので、
そのまま公開すれば、
ユーザー側にも反映されます。

 

Cardboard

Cardboardも非常にシンプルな機能のプラグインで、
簡単にパノラマ写真を埋め込むことが出来る便利なプラグインです。

【Cardboardの使い方】

まずは「Cardboard」をインストール・有効化して、その後、記事の投稿画面に移動します。
プラグイン:WP Cardboard
「メディアを追加」から、パノラマ写真をアップロードします。

プラグイン:WP Cardboard 画像の選択
該当のパノラマ写真を選択します。

プラグイン:WP Cardboard 画像のアップロード
「サイズ」で「大サイズ」または「フルサイズ」を選択し、「投稿に挿入」をクリックします。

そうすると、ショートタグ([ cardboard id="xxx"])が挿入されます。
プラグイン:WP Cardboard ショートコード

この後は、通常通り記事を公開すればOKです。

 

WP Photo Sphere

WP Photo Sphere】も非常にシンプルなプラグインで、
記事投稿画面に専用のアップロードボタンが追加されるので、
そこからパノラマ写真を選択してアップロードするだけです。

アップロードするとショートタグ([ sphere xxx])を自動で追加してくれるので、
こちらも非常に便利プラグインです。
※簡易的な設定画面も用意されていますが、複雑な操作画面ではありません。

【WP Photo Sphereの使い方】

まずは「WP Photo Sphere」をインストール・有効化して、その後、記事の投稿画面に移動します。
プラグイン:WP Photo Sphere
「Add a panorama」というボタンが表示されているので、クリックしてパノラマ写真を選択します。

プラグイン:WP Photo Sphere 画像の選択
該当のパノラマ写真を選択します。

プラグイン:WP Photo Sphere タイトル
「タイトル」を入力し、「Add」をクリックします。

そうすると、ショートタグ([ sphere xxx])が挿入されると思います。
プラグイン:WP Photo Sphere ショートコード

公開すると、ユーザー側には以下の様に表示されます。
プラグイン:WP Photo Sphere ユーザー側01
タイトル部分をクリックすると、以下の様にパノラマ写真が再生されます。

プラグイン:WP Photo Sphere ユーザー側
デフォルトだと、タイトルには「WP Photo Sphere ("アップロード時に登録したタイトル")」が表示され、
これだとあまり見栄えが良くないです。
それに、自動再生されないのもユーザーにとっては不親切だと思います。

なので、設定を変更しておきます。

設定変更は、
左メニュー「設定」→「WP Photo Sphere」と移動して、以下の画面を開きます。
プラグイン:WP Photo Sphere 設定画面
ここで、以下の様に変更します。
・「Text of the link」を「WP Photo Sphere (%title%)」から「%title%」に修正
・「Automatically load panoramas」にチェックを入れる

プラグイン:WP Photo Sphere ユーザー側
これで、タイトルが変更され、
パノラマもデフォルトで自動再生を開始するようになります。

 

iPanorama 360

最後は、iPanorama 360です。

こちらのプラグインは非常に高機能で、
複数枚のパノラマ写真を組み合わせたギャラリーのようなものを作成することも可能です。

また、作成したギャラリーはショートタグ([ ipanorama id="xxx"])を使って簡単に記事に埋め込むことができます。

個人的にはかなりおすすめのプラグインなんですが、
がっつりと使い倒す場合には、有料ライセンスの購入をおすすめします。

詳細は[ 「iPanorama 360で360°パノラマ写真を公開 ]にまとめてあるので、
興味ある方は、こちらのページを確認して下さい。

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

関連記事

最近の記事

  1. アフィリエイト
  2. VPSサーバー
  3. ブログのネタ探し
  4. プログラミング
  5. SSLとは
  6. 常時SSL通信設定後にやっておくべきこと
  7. 常時SSL通信設定方法
  8. htaccessとは
  9. WordPress
  10. WordPress

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

アーカイブ

PAGE TOP