CMS(シーエムエス)

MTのバージョンアップとデザイン修正

今日は、

久しぶりのMT(Movable Type)の作業ということもあり、

少しブランクを感じつつも、

まずはMTのバージョンアップ(MT4からMT5へ)から開始です。

 

バージョンアップは簡単で、

旧バージョンと新バージョンのファイルを入れ替えて、MTのインストールディレクトリへアクセスするだけです。

そうすれば、勝手にバージョンアップを開始してくれます。

 

詳しい手順は以下の通りになります。

仮に、「mt」といディレクトリ名でMTをインストールしていたとします。
URLはhttp://example.com/mt/

①元々インストールされているMT4の「mt」ディレクトリを「mt_bk」などと名称変更します。

②次に、「mt」ディレクトリを新規に作成して、MT5のファイル一式をそこにアップします。
※MT5の最新ファイルは予めダウンロードして、解凍しておいてください。
若しくはサーバー上で直接解凍してもOK

③上記ファイルのアップロードが完了したら、
http://example.com/mt/へアクセスします。
すると、アップロードの開始ボタンが表示されるので、
それをクリックするとアップロードが開始されます。
※アップロードは1~2分程で完了します。

④あとはMT4の際に使用していたプラグインをMT5でも使用出来るように、
それぞれMT5にも対応した最新のプラグインを入れなおしてやれば完了!!

 

と、これで作業は終了の筈だったんですが、

テンプレートモジュール(コメント入力フォーム)でエラーが見つかりました。
は存在しません(224行目)。

などいうエラーが。

 

調べてみると、

スパム対策として入れていた「MT-Keystrokes」というプラグインに問題があるらしいです。

「MT-Keystrokes」は元々MT3対応のプラグインらしく、

「keystrokes.pl」ファイルの65行目「return 1 unless $MT::VERSION =~ m(^3\.);」の部分を

使用するMTのバージョンに合わせて書き換えてやればいいらしいです。

 

ここは、MTのバージョンを指定しているみたいですね。

 

ということで、

早速「keystrokes.pl」ファイルを開いてみると、

既に、

「return 1 unless $MT::VERSION =~ m(^4\.);」

と書き換えられていました。

 

恐らく、

このブログを最初に設置した人間が「3」→「4」へ変更したのだろうと思いますが、

今回のバージョンはMT5なので、

更に、

「return 1 unless $MT::VERSION =~ m(^5\.);」

と書き換えてやればOKです。

 

これで、

エラーは無くなりました!!

 

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

Twitter

アーカイブ

PAGE TOP