PHP(ピー・エイチ・ピー)

PHP

exec()関数でwhois情報を取得

最近やたらとwhois情報を検索する機会が増えたので、

PHPでwhois情報を取得するプログラムを書いてみることにしました。

 

で、

Linuxのwhoisコマンドを使えば、結構簡単にプログラムを組めます。

whoisコマンドは以下で調べてください。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070926/283006/

 

サンプルコードはこんな感じです。

<?php
//ドメイン名もしくはIPアドレスを設定
$domein = "ドメイン名もしくはIPアドレス";

$ary = array();

//whoisコマンドを作成
$comand = "whois -h whois.jp {$domein}";

//whoisコマンドを実行
exec($comand, $ary);

foreach($ary as $whois){
//ブラウザに出力
echo $whois . "<br>";
}
?>

 

簡単に説明すると、

exec()関数でwhoisコマンドを実行させて、

その結果を配列で受け取れば、

後はforeachで回してやるだけ!!

 

あと、

exec()関数は時々使うくらいですが、

覚えておくと便利です!!

もう少し詳しく説明しておきます。

 

exec()関数について

exec()関数は、LinuxやWindowsなどのコマンドを実行してくれる関数で、
第1引数~第3引数まで指定することができます。

第1引数:実行するコマンドを指定(必須)

第2引数:変数を指定することで、コマンドの全ての出力結果を配列で返してくれます。

例えば、「exec("ls -al", $ary)」を実行すると、
$aryには、出力結果の全ての行が配列で格納されます。

もし、第2引数を指定しない場合、実行結果の1行目のみが返ってきます。
例:$ret = exec("ls -al");

第3引数:コマンドのステータスが格納されます。

 

WordPress短期学習プログラム

関連記事

  1. PHP(ピー・エイチ・ピー)

    PHP

    【PHP】Smartyで全角英数字を半角英数字に変換

    今日は、久しぶりにSmartyを触りました。といっ…

  2. 共用サーバ(レンタルサーバ)

    PHP

    さくらインターネット 共用サーバーでエラーログを出力

    さくらインターネットの共用サーバーを借りて頂いている業者さんからの…

  3. Database(DB:データベース)

    PHP

    【phpPgAdmin】データ型に「integer」を指定

    phpPgAdminの管理画面から、データ型に「integer」を…

  4. CakePHP
  5. サーバー設定

    PHP

    PHPの最新リポジトリを追加でエラー!!

    Ubuntu(バージョンは16.xx)で構築したサーバに、PHP7…

  6. PHP(ピー・エイチ・ピー)

    PHP

    imagejpeg(): Filename cannot be empty in...

    以前組んだシステムを別のサーバーに設置することに!!…

最近の記事

  1. WordPressのセキュリティ対策(脆弱性対策)
  2. ドメイン失効
  3. SEO関連タグ
  4. SEO関連タグ
  5. レンタルサーバー(共用サーバー)
  6. システム開発用のアイキャッチ
  7. システム開発用のアイキャッチ
  8. ドメイン 利用制限
  9. WP:WordPress(ワードプレス)
  10. システム開発用のアイキャッチ
PAGE TOP