Apache(アパッチ)

Apache ホストの設定後のシンタックスチェック

現在、弊社開発用のテストサーバには、

Apache2.2系のWebサーバとApache2.4系のWebサーバがあります。

 

そのサーバにホストの設定変更を加えることが時々あり、

変更内容を反映させる前にはシンタックスエラー(文法エラー)が無いかのチェックを行いますが、

Apacheのバージョンが異なれば、

そのチェックコマンドなども変わってきます。

 

この辺の作業はついついごちゃごちゃになって忘れがちになるので、

自分のメモ書き用に情報を残しておくことに。

 

[Apache2.2]
■シンタックスチェック
# /etc/init.d/httpd configtest
→問題が無ければ、「Syntax OK」と表示

■ホストの設定内容が認識されているかを確認
# /usr/sbin/httpd -S

port xx namevhost sample.jp (/xx/xx/xx/xx/xxxxxxx.conf:xx)
port xx namevhost sample.jp (/xx/xx/xx/xx/xxxxxxx.conf:xx)


みたに、設定しているホストの一覧が表示されるので、
その中に追加したホストが反映されていればOK

■問題なければリロード
# /etc/init.d/httpd reload

 

[Apache2.4]
■シンタックスチェック
# service httpd configtest

■ホストの設定内容が認識されているかを確認
# service httpd -S

■問題なければリロード
# systemctl reload httpd

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

関連記事

最近の記事

  1. アフィリエイト
  2. VPSサーバー
  3. ブログのネタ探し
  4. プログラミング
  5. SSLとは
  6. 常時SSL通信設定後にやっておくべきこと
  7. 常時SSL通信設定方法
  8. htaccessとは
  9. WordPress
  10. WordPress

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • 世間は今日から新入社員が入ってくる時期か。 新卒一括採用の波に乗れんかった人間やから、 同じ日に一括で社会に放り込まれるという感覚が分からん。
    about 19時間 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP