SSL(HTTPS)

GoogleがシマンテックSSL証明書を無効にします

GoogleがSSL通信を推奨し始めてから、

当社お客様でも導入される方が増えてきました。

 

そんな状況で迷惑な話が少し前から話題に出ていますが、

Google社がシマンテック関連のSSLの証明書を無効とするようです。

 

証明書が無効になるのは「Google Chrome」からアクセスした場合で、

該当ブランドは、VeriSign、GeoTrust、RapidSSLなどです。

 

弊社で良く利用しているSSL販売サイトでも、

2018年10月23日に安定版がリリースされる予定のGoogle Chrome 70では、シマンテックCAが発行したすべての証明書は無効となります。
無効となる証明書はSymantec、Geotrust、RapidSSLです。

現時点ではシマンテック系の証明書のご購入は推奨しません。

と注意喚起されています。

 

弊社でもRapidSSLはよく利用していました。。。

 

取り合えず、

今後、この事業はDigiCertに移管されるようですが、

状況が落ち着くまでは、

 

シマンテック社製SSLの導入は控えることにします。

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

関連記事

最近の記事

  1. 常時SSL通信設定後にやっておくべきこと
  2. 常時SSL通信設定方法
  3. htaccessとは
  4. WordPress
  5. WordPress
  6. 動的URLを疑似静的化
  7. ホームページ(homepage)
  8. 日本語ドメイン
  9. パンくずの構造化
  10. ホームページを公開したら、必ずやるべき事

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

アーカイブ

PAGE TOP