SSL(HTTPS)

SSL設定では、formタグのaction属性の設定にも注意!!

SSLを導入したサイトにchrome(クローム)からアクセスすると、

なぜか

「このサイトへの接続は完全には保護されていません」

というメッセージが出て、

SSLが正常に効かないという症状が。。。

こんな感じです↓↓
SSLが正常に効かない
※「保護された通信」が表示されず、アドレスバーも緑色になりません。

画像やCSSのリンクなどは問題なく設定できています。

そこで、Why No Padlock?(https://www.whynopadlock.com/

のサイトで検証してみると、

===================
Insecure <form> call.
===================

というメッセージが出ていました。
Why No Padlock?

<form>タグのaction属性に設定しているURLが「http://sample.com」となっていたことが原因の様でした。

なので、

action属性を「https://sample.com」に修正です。

これで問題なくSSL通信の設定が完了しました。
SSL通信設定(保護された通信)
※「保護された通信」が表示さ、アドレスバーも緑色になりました。

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

関連記事

最近の記事

  1. 常時SSL通信設定後にやっておくべきこと
  2. 常時SSL通信設定方法
  3. htaccessとは
  4. WordPress
  5. WordPress
  6. 動的URLを疑似静的化
  7. ホームページ(homepage)
  8. 日本語ドメイン
  9. パンくずの構造化
  10. ホームページを公開したら、必ずやるべき事

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

アーカイブ

PAGE TOP