Python(パイソン)

Pythonで「四捨五入」「切り捨て」「切り上げ」をする方法

Pythonで「四捨五入」したい時はround()を使ってやればOK!

round(11/3)
 => 「4」が返ってくると思います。

 

また、第2引数で小数点の桁を指定することができます。

例えば、
round(11/3, 2)
と指定すると「3.67」が返ってきます。

 

で、

「切り捨て」「切り上げ」の場合には、

mathライブラリーを使ってやればOK!!とのこと。

import math
#切り捨て
math.floor(11/3)
# 切り上げ
math.ceil(11/3)

それぞれ、

「3」
「4」

が返ってくると思います。

0
この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 2

関連記事

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • foo
    • 2020年 12月 12日

    round(2.5) は 2 ですね

    0
    • bar
    • 2021年 1月 08日

    roundは四捨五入ではなく丸め処理

    0

最近の記事

  1. サーバー
  2. リマーケッター
  3. 不動産会社向けのWordPressテーマ
  4. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  5. ホームページを活用
  6. Perl(パール)
  7. Perl(パール)
  8. ホームページを活用
  9. データ転送
  10. サーバ
ConoHa WING 2周年キャンペーン中

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

アーカイブ

PAGE TOP