Python(パイソン)

Pythonで「四捨五入」「切り捨て」「切り上げ」をする方法

Pythonで「四捨五入」したい時はround()を使ってやればOK!

round(11/3)
 => 「4」が返ってくると思います。

 

また、第2引数で小数点の桁を指定することができます。

例えば、
round(11/3, 2)
と指定すると「3.67」が返ってきます。

 

で、

「切り捨て」「切り上げ」の場合には、

mathライブラリーを使ってやればOK!!とのこと。

import math
#切り捨て
math.floor(11/3)
# 切り上げ
math.ceil(11/3)

それぞれ、

「3」
「4」

が返ってくると思います。

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

関連記事

最近の記事

  1. アフィリエイト
  2. VPSサーバー
  3. ブログのネタ探し
  4. プログラミング
  5. SSLとは
  6. 常時SSL通信設定後にやっておくべきこと
  7. 常時SSL通信設定方法
  8. htaccessとは
  9. WordPress
  10. WordPress

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • 世間は今日から新入社員が入ってくる時期か。 新卒一括採用の波に乗れんかった人間やから、 同じ日に一括で社会に放り込まれるという感覚が分からん。
    about 3日 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP