WP:WordPress(ワードプレス)

選択したタクソノミーをカスタム投稿タイプの記事一覧に表示

前回、「選択選択中のタクソノミーを管理画面の投稿一覧に表示」という記事を投稿しました。

 

ただ、

既存の投稿一覧にではなく、

管理画面の中にカスタム投稿タイプを追加して、

その中にタクソノミーをカテゴリーとして追加することも良くあります。

 

その様な場合には、

少しコードが異なってきます。

 

といっても、

フックするフィルターやアクションを

manage_posts_columns
manage_posts_custom_column

ではなく、

manage_{投稿タイプ}_posts_columns
manage_{投稿タイプ}_posts_custom_column

とするだけです。

 

例えば、

投稿タイプ[ラベル:賃貸物件(スラッグ:rent)]
タクソノミー[ラベル:駅(スラッグ:station)]

その様な場合には、

以下の様なコードになります。

function add_taxonomy_column($columns){
    $columns["station"] = "駅名";
    return $columns;
}

function add_taxonomy_column_data($column_name, $post_id){
    if($column_name == "station"){
        $name = get_the_term_list($post_id, "station", "", " | ");
        echo (!empty($name)) ? $name : "";
    }
}

add_filter("manage_rent_posts_columns", "add_taxonomy_column");
add_action("manage_rent_posts_custom_column", "add_taxonomy_column_data", 10, 2);

これで、

賃貸物件の投稿一覧に「駅名」という項目が追加されていると思います。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

Twitter

アーカイブ

PAGE TOP