Apache(アパッチ)

.htaccessでno-cacheを設定

ホームページを修正したにも拘らず、

お客さんから 「修正されていないんですけど。。。」 という連絡が!!

 

そのような場合に良くあるのが、

キャッシュが残ってしまっているということです。

 

なので、ブラウザを更新して頂くと修正内容が反映されました、

という事はホームページの制作現場ではあるあるだと思います。

 

で、

先日、

あるお客さんから「no-cache」を設定してApacheがキャッシュを残さないようにして欲しいという依頼がありました。

 

その時のメモ書きです。

 

まず、httpd.confを確認すると、

必要なモジュールが読み込まれていなかったので、

#LoadModule headers_module modules/mod_headers.so

の頭の#をとってmod_headersモジュールを有効化させてやります。
※Apacheの再起動も忘れずに

 

あとは

.htaccessに

<IfModule mod_headers.c>
  Header set Pragma no-cache
  Header set Cache-Control no-cache
</IfModule>

を追記してやれば、

設定完了です!!

 

念の為にレスポンスヘッダを確認してみて、

以下の様になっていればOKです!!
no-cache

ついでなんで、

逆にキャッシュを利用する方法もまとめてみました。
キャッシュを利用する方法

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

関連記事

最近の記事

  1. 常時SSL通信設定後にやっておくべきこと
  2. 常時SSL通信設定方法
  3. htaccessとは
  4. WordPress
  5. WordPress
  6. 動的URLを疑似静的化
  7. ホームページ(homepage)
  8. 日本語ドメイン
  9. パンくずの構造化
  10. ホームページを公開したら、必ずやるべき事

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • 今日は朝からマニュアル作成 なんでマニュアル作成って、こんなにつまらないんやろ。 必要やから作成するけど、コード書くかブログ記事のアップを行いたい。
    about 1日 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP