サーバー設定

【Ubuntu】でWEBサーバの構築

1年ぶりくらいにUbuntuのサーバを触りました。

 

といっても、

WEBサーバの構築だけですが。

 

インストールするのは、Apache2、PHP、MySQLのみのインストールです。

 

ソースコードから最新版をインストールなどという事はやる必要はないので、

今回はパッケージに含まれるバージョンの物をそのままインストールします。

 

で、

早速Apacheのインストールからです。

 

まずは、パッケージリストを最新化しておきます。
# sudo apt-get update

 

あとは、Apache2 → PHP → MySQLの順にインストールしていきます。

■Apache2のインストール
# sudo apt-get install apache2
■Apache2のバージョンを確認
# apache2 -v
=======================================
Server version: Apache/2.2.22 (Ubuntu)
Server built: Jul 24 2015 17:25:42
=======================================

 

■PHPのインストール
# sudo apt-get install php5
■PHPのバージョン確認
# php -v
========================================================
PHP 5.3.10-1ubuntu3.23 with Suhosin-Patch (cli) (built: May 19 2016 20:38:03)
Copyright (c) 1997-2012 The PHP Group
Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2012 Zend Technologies
========================================================

 

■MySQLのインストール
# sudo apt-get install mysql-server
rootのパスワード:Ha94z7m%GPk5?GZ1rQ
■MySQLのバージョン確認
# mysql --version
============================================================
mysql Ver 14.14 Distrib 5.5.22, for debian-linux-gnu (x86_64) using readline 6.2
============================================================

 

これで完了です。

 

明日はこのサーバにWPのインストールなので、

必要なモジュールはその際にインストールします。

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 共用サーバ(レンタルサーバ)
  2. サーバー
  3. リマーケッター
  4. 不動産会社向けのWordPressテーマ
  5. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  6. ホームページを活用
  7. Perl(パール)
  8. Perl(パール)
  9. ホームページを活用
  10. データ転送
ConoHa WING 2周年キャンペーン中

アーカイブ

PAGE TOP