バージョンアップ

OpenSSLの脆弱性対応 「1.0.2h」へバージョンアップ

OpenSSLで脆弱性が見つかっていたらしく、

本日はその対応です。

 

影響するのは、

OpenSSL 1.0.1s 未満の 1.0.1
OpenSSL 1.0.2g 未満の 1.0.2

との事なので、

1.0.2hにバージョンを上げることに!

 

取り敢えず、現バージョンを確認しておきます。
# openssl version
============================
OpenSSL 1.0.2d 9 Jul 2015
============================

 

やはり脆弱性を含むバージョンなので、

早速作業開始です。

 

方法は、

既に多くの方が公開してくれているので、

それを真似るだけです!!

# cd /usr/local/src
# wget http://www.openssl.org/source/openssl-1.0.2h.tar.gz
# tar zxvf openssl-1.0.2h.tar.gz
# cd openssl-1.0.2h
# ./config
# sudo make
# sudo make install

 

最後にバージョンを確認してみます。
# openssl version
============================
OpenSSL 1.0.2h  1 Mar 2016
============================

問題なく、

「1.0.2h」に上がってます。

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

関連記事

最近の記事

  1. 常時SSL通信設定後にやっておくべきこと
  2. 常時SSL通信設定方法
  3. htaccessとは
  4. WordPress
  5. WordPress
  6. 動的URLを疑似静的化
  7. ホームページ(homepage)
  8. 日本語ドメイン
  9. パンくずの構造化
  10. ホームページを公開したら、必ずやるべき事

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

アーカイブ

PAGE TOP