SSL(HTTPS)

サーバー

CentOS7へLet’s Encryptをインストール

Let's Encryptとは

Let's Encryptとは、無償で利用できるSSL証明書で、
ISRG (Internet Security Research Group)という非営利団体が提供しています。

GoogleもSSLの常時通信を推奨しており、
僅かですがSEO上有利になると言っています。

これから、Let's Encryptの重要性が増してくると思います。

そこで、
今更ながらLet's Encryptをインストールしてみました。
サーバは「CentOS7」を使用しています。

インストール前の事前準備

まず、必要な依存パッケージをインストールします。

「mod_ssl」のインストール

「mod_ssl」がサーバに入っていない場合には、

# yum -y install mod_ssl

でインストールを行っておく必要があります。

Gitをインストール

Gitからソースをクローンするので、

# yum -y install git

でGitをインストールしておきます。

これで事前準備は完了したので、
ここからがインストールの開始です。

証明書のインストール

Gitからリポジトリをクローン

■作業用のディレクトリに移動(場所は任意です)
# cd /usr/local/src

■GitからLet's Encryptのソースをクローン
# git clone https://github.com/letsencrypt/letsencrypt

証明書の発行

# cd letsencrypt
# ./letsencrypt-auto certonly --webroot -w /var/www/html -d sample.com -d www.sample.com
※「-w」の後ろにはサイトの公開ディレクトリを指定するので、実際のサーバ環境に合わせて変更してください。
※「-d」の後ろにはドメイン名を指定してください。
※今回は「www」あり・なしの両方でアクセスできるようにしたいので、「sample.com」と「www.sample.com」を指定しています。

ここまで完了すると、以下のようなメッセージが表示されます。
==================================================================================
IMPORTANT NOTES:
- Congratulations! Your certificate and chain have been saved at
/etc/letsencrypt/live/www.sample.com/fullchain.pem. Your cert
will expire on 2016-07-29. To obtain a new version of the
certificate in the future, simply run Let's Encrypt again.
- If you like Let's Encrypt, please consider supporting our work by:

Donating to ISRG / Let's Encrypt: https://letsencrypt.org/donate
Donating to EFF: https://eff.org/donate-le
==================================================================================
【注意点】「will expire on 2016-07-29.・・・」という記述があります。これは有効期間なので注意しておく必要があります。
※SSLの有効期限は90日間と短めのようです。

これでインストールは完了です!!

Apacheから証明書を参照できるように設定

証明書の発行が完了したら、
Apacheから証明書を参照できるように読み込みの設定します。

上記のメッセージの中に
/etc/letsencrypt/live/www.sample.com/
というパスが記述されています。

# ll /etc/letsencrypt/live/www.sample.com/
で確認すると、
以下の3ファイルが作成されていると思います。

cert.pem
chain.pem
privkey.pem

それぞれ「サーバ証明書」、「中間証明書」、「秘密鍵」になります。

# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

として、
Apacheの設定ファイルに以下の記述を追記します。

ここで、Apacheを再起動します。
# service httpd restart

ブラウザからの確認

実際に「https://sample.com」にアクセスしてみて、
正常に画面が表示されるかを確認して下さい。

問題なく表示されていれば、
これでインストールが完了です。

WordPress短期学習プログラム

関連記事

  1. Apache(アパッチ)

    WP(WordPress)

    【WordPress】パーマリンク設定に必要な.htaccessを有効化!!

    WordPressを使ってブログを構築して、パーマリンクの設定を「…

  2. MT(MovableType)

    某サーバの移設

    某サーバ(ラピ●●●●)が最近サーバの移設作業を強行しました。…

  3. PHP(ピー・エイチ・ピー)

    PHP

    ConoHaのVPSサーバーへPHPの最新バージョン(PHP7)をインストール

    ConoHa VPSへPHPの最新バージョンをインストールする方法…

  4. MySQL(マイエスキューエル)

    サーバー

    MySQLのパスワードを忘れてしまった。。。

    MySQLのrootのパスワードを忘れてしまいました!!&nbsp…

  5. 共用サーバ(レンタルサーバ)

    サーバー

    最近、ConoHa WINGというレンタルサーバーもいいかなと思ってきた件

    弊社では、今まで一度も使ったことが無いレンタルサーバーですが、…

  6. メールアドレス

    サーバー

    Sendmailでメールの自動転送設定

    今日はメールの自動転送設定に1時間ほど時間を取ってしまいました…

最近の記事

  1. WordPressのセキュリティ対策(脆弱性対策)
  2. ドメイン失効
  3. SEO関連タグ
  4. SEO関連タグ
  5. レンタルサーバー(共用サーバー)
  6. システム開発用のアイキャッチ
  7. システム開発用のアイキャッチ
  8. ドメイン 利用制限
  9. WP:WordPress(ワードプレス)
  10. システム開発用のアイキャッチ
PAGE TOP