Apache(アパッチ)

サーバー

ConoHaのVPSサーバーへApacheをインストール

ConoHa VPSへPHPのApache(Apache2.4)をインストール、設定する方法

こちらの記事では、

ConoHa VPSサーバーへのApache(Apache2.4.x)をインストールして、WEBサーバーを構築する方法をまとめています。

 

まずはApacheの構築に必要なソフトを予めインストールしておきます。

■PCREをインストール
# yum -y install pcre-devel

■Cコンパイラをインストール
# yum -y install gcc
# yum -y install gcc-c++

■OpenSSLをインストール
# yum -y install openssl-devel

■zlib-develをインストール
# yum -y install zlib-devel

■libev-develをインストール
# yum -y install libev-devel

 

■APRをインストール
# wget http://ftp.riken.jp/net/apache//apr/apr-1.5.2.tar.gz
# tar xvzf apr-1.5.2.tar.gz
# cd apr-1.5.2/
# ./configure
# make
# make install

 

■ARP-utilをインストール
# wget http://ftp.riken.jp/net/apache//apr/apr-util-1.5.4.tar.gz
# tar xvzf apr-util-1.5.4.tar.gz
# cd apr-util-1.5.4/
# ./configure --with-apr=/usr/local/apr
# make
# make install

 

■Nghttp2をインストール
WEBの通信プロトコルには「HTTP/2」を使用してみます。
# wget https://github.com/tatsuhiro-t/nghttp2/releases/download/v1.10.0/nghttp2-1.10.0.tar.gz
# tar xvzf nghttp2-1.10.0.tar.gz
# cd nghttp2-1.10.0/
# ./configure
# make
# make install

 

■Apache2.4系をインストール
# wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/apache/httpd/httpd-2.4.20.tar.gz
# tar xvzf httpd-2.4.20.tar.gz
# cd httpd-2.4.20/
# ./configure --enable-http2 --enable-ssl --with-ssl=/usr/local/openssl-1.0.2e --enable-so --enable-mods-shared=all --enable-mpms-shared=all
# make
# make install

 

■Apacheの起動とファイヤーウォールの設定
Apacheのインストールが完了すれば、まずは、Apacheを起動します。
# /usr/local/apache2/bin/apachectl start

で、IPアドレスでブラウザからアクセスしてみると、

読み込みエラーになってしまいました。

 

調べてみると、

ファイヤーウォール」がデフォルトでrunning状態になっているようなので、
HTTP(80)を開放する必要があるとのことでした。
※HTTPS(443)もついでに開放しておきます。

# firewall-cmd --permanent --add-service=http --zone=public
# firewall-cmd --permanent --add-service=https --zone=public
# firewall-cmd --reload

として、

httpを追加、ファイヤーウォールのリロードを行います。

 

これでもう一度ブラウザからアクセスしてみると、

今度は正常にページが表示されました。

 

It works!」と表示されていれば問題ないです。
Apache2.4系のユーザーデフォルト画面

 

■HTTP/2を有効化
インストールしたNghttp2を有効化しておきます。
# vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf

として、httpd.confの以下の箇所の修正を行います。

====================================================
#LoadModule http2_module modules/mod_http2.so
====================================================

の頭の「#」を削除。

 

■mod_rewriteを有効化して、.htaccessを利用できるようにしておく
「WordPress」のパーマリンクで.htaccessを利用するので、ついでに「mod_rewrite」を有効化しておきます。
# vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf

として、httpd.confの2点修正を行います。

①、
====================================================
# LoadModule rewrite_module modules/mod_rewrite.so
====================================================

の頭の「#」を削除します。

②、
==========================================
<Directory "/usr/local/apache2/htdocs">

AllowOverride None

</Directory>
==========================================

==========================================
<Directory "/usr/local/apache2/htdocs">

AllowOverride All

</Directory>
==========================================

に変更します。

 

httpd.confの変更を反映させるために、Apacheを再起動します。
# /usr/local/apache2/bin/apachectl restart

これで、Apacheのインストールが完了です!



WordPress短期学習プログラム

関連記事

  1. Perl(パール)

    Perl・ruby

    サーバ移管

    お客様からの依頼で、本日はサーバの移管作業を行いました。乗っか…

  2. WWW

    サーバー

    ServerAliasディレクティブでエイリアス(www)の設定

    以前、付き合いがあった業者さんから、バーチャルホストの…

  3. Security(セキュリティ)

    サーバー

    踏み台にされてしまった!?「.htaccess」で国内IPアドレスのみアクセスを許可

    今日は朝から少し疲れました。原因はある業者さんのサイトが異常なまで…

  4. SSL(HTTPS)

    サーバー

    UbuntuへLet’s Encryptをインストール(Certbot編)

    今回は、UbuntuサーバにLet's Encryptをインス…

  5. Linux(リナックス)

    Linux

    サーバのユーザーアカウントを変更!!

    passwdでユーザーパスワードを変更先週から今週にか…

  6. WWW

    サーバー

    httpd.confを編集してURLを正規化(wwwあり・なしの統一)

    Apacheの設定ファイル「httpd.conf」を編集して、…

最近の記事

  1. WordPressのセキュリティ対策(脆弱性対策)
  2. ドメイン失効
  3. SEO関連タグ
  4. SEO関連タグ
  5. レンタルサーバー(共用サーバー)
  6. システム開発用のアイキャッチ
  7. システム開発用のアイキャッチ
  8. ドメイン 利用制限
  9. WP:WordPress(ワードプレス)
  10. システム開発用のアイキャッチ
PAGE TOP