Apache(アパッチ)

ConoHaのVPSサーバーへApacheをインストール

ConoHa VPSへPHPのApache(Apache2.4)をインストール、設定する方法

こちらの記事では、

ConoHa VPSサーバーへのApache(Apache2.4.x)をインストールして、WEBサーバーを構築する方法をまとめています。

 

まずはApacheの構築に必要なソフトを予めインストールしておきます。

■PCREをインストール
# yum -y install pcre-devel

■Cコンパイラをインストール
# yum -y install gcc
# yum -y install gcc-c++

■OpenSSLをインストール
# yum -y install openssl-devel

■zlib-develをインストール
# yum -y install zlib-devel

■libev-develをインストール
# yum -y install libev-devel

 

■APRをインストール
# wget http://ftp.riken.jp/net/apache//apr/apr-1.5.2.tar.gz
# tar xvzf apr-1.5.2.tar.gz
# cd apr-1.5.2/
# ./configure
# make
# make install

 

■ARP-utilをインストール
# wget http://ftp.riken.jp/net/apache//apr/apr-util-1.5.4.tar.gz
# tar xvzf apr-util-1.5.4.tar.gz
# cd apr-util-1.5.4/
# ./configure --with-apr=/usr/local/apr
# make
# make install

 

■Nghttp2をインストール
WEBの通信プロトコルには「HTTP/2」を使用してみます。
# wget https://github.com/tatsuhiro-t/nghttp2/releases/download/v1.10.0/nghttp2-1.10.0.tar.gz
# tar xvzf nghttp2-1.10.0.tar.gz
# cd nghttp2-1.10.0/
# ./configure
# make
# make install

 

■Apache2.4系をインストール
# wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/apache/httpd/httpd-2.4.20.tar.gz
# tar xvzf httpd-2.4.20.tar.gz
# cd httpd-2.4.20/
# ./configure --enable-http2 --enable-ssl --with-ssl=/usr/local/openssl-1.0.2e --enable-so --enable-mods-shared=all --enable-mpms-shared=all
# make
# make install

 

■Apacheの起動とファイヤーウォールの設定
Apacheのインストールが完了すれば、まずは、Apacheを起動します。
# /usr/local/apache2/bin/apachectl start

で、IPアドレスでブラウザからアクセスしてみると、

読み込みエラーになってしまいました。

 

調べてみると、

ファイヤーウォール」がデフォルトでrunning状態になっているようなので、
HTTP(80)を開放する必要があるとのことでした。
※HTTPS(443)もついでに開放しておきます。

# firewall-cmd --permanent --add-service=http --zone=public
# firewall-cmd --permanent --add-service=https --zone=public
# firewall-cmd --reload

として、

httpを追加、ファイヤーウォールのリロードを行います。

 

これでもう一度ブラウザからアクセスしてみると、

今度は正常にページが表示されました。

 

It works!」と表示されていれば問題ないです。
Apache2.4系のユーザーデフォルト画面

 

■HTTP/2を有効化
インストールしたNghttp2を有効化しておきます。
# vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf

として、httpd.confの以下の箇所の修正を行います。

====================================================
#LoadModule http2_module modules/mod_http2.so
====================================================

の頭の「#」を削除。

 

■mod_rewriteを有効化して、.htaccessを利用できるようにしておく
「WordPress」のパーマリンクで.htaccessを利用するので、ついでに「mod_rewrite」を有効化しておきます。
# vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf

として、httpd.confの2点修正を行います。

①、
====================================================
# LoadModule rewrite_module modules/mod_rewrite.so
====================================================

の頭の「#」を削除します。

②、
==========================================
<Directory "/usr/local/apache2/htdocs">

AllowOverride None

</Directory>
==========================================

==========================================
<Directory "/usr/local/apache2/htdocs">

AllowOverride All

</Directory>
==========================================

に変更します。

 

httpd.confの変更を反映させるために、Apacheを再起動します。
# /usr/local/apache2/bin/apachectl restart

これで、Apacheのインストールが完了です!



この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

Twitter

アーカイブ

PAGE TOP