Perl(パール)

Perlのエラーメッセージ

最近はPerlを使った開発はほとんどなくなったのですが、

 

時々Perlで組まれた古いシステムの改修案件なども発生します。

 

PerlでWEBのプログラムを組む場合、

 

PHPと異なりエラーが発生すると500エラーになるので、

 

毎回Apacheのエラーログを確認する必要があります。

 

が、

 

それは面倒です。

 

なので、

 

私は、毎回スクリプトの上部に

=============================
use CGI::Carp qw(fatalsToBrowser);
=============================

という記述を追記してやります。

 

この一行でエラーメッセージをブラう上から確認できるようになります。

 

 

因みに、これはデバッグの為のコードなんで、

 

開発終了時には削除して下さい。

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 共用サーバ(レンタルサーバ)
  2. サーバー
  3. リマーケッター
  4. 不動産会社向けのWordPressテーマ
  5. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  6. ホームページを活用
  7. Perl(パール)
  8. Perl(パール)
  9. ホームページを活用
  10. データ転送
ConoHa WING 2周年キャンペーン中

アーカイブ

PAGE TOP