サーバー設定

【CentOS6】VPSサーバーへIPアドレスを追加する方法

さくらインターネットのVPSサーバーへIPアドレスを追加

先日、さくらインターネットでIPアドレスを1個取得しました。
※LinuxのディストリビューションはCentOS6です。

それで、あまりサーバーに詳しくない私は、

取得した時点でそのままIPアドレスを利用できるものとばかり思っていました。

 

が、世の中にそんな単純な話では無いようで、

追加したIPアドレスをNICに割り当ててやるという作業が必要とのこと。

 

 

要は、

ifcfg-eth0」というファイルをコピーするなり、新規で作成するなりして、

ifcfg-eth0:0」というファイルを作成して、

追加したIPアドレスの情報を記載してやればいいようです。

 

なので、早速「ifcfg-eth0:0」ファイルを開いて、
# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0:0

以下を記載します。

DEVICE=eth0:1
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=static
IPADDR=追加したIPアドレス
NETMASK=255.255.255.255

で、あとはnetworkを再起動させます。
# /etc/init.d/network restart

 

一応、

# ifconfig

で追加した情報が反映されていることを確認!!

 

問題なければ、

最後に管理画面上から紐付けたドメインを叩いて、

アップしているサイトを問題なく閲覧出来れば作業は完了です。

 

因みに、

さらにIPアドレスを追加する場合には「ifcfg-eth0:1」、
その次、またIPアドレスを追加する場合には「ifcfg-eth0:2」、



としてやればいいそうです。

 

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. PHP(ピー・エイチ・ピー)
  2. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  3. ホームページ(homepage)
  4. システムアップデート
  5. エックスサーバー(XSERVER)
  6. エックスサーバー(XSERVER)
  7. エックスサーバー(XSERVER)
  8. WEBサイト構築
  9. スパム(SPAM)対策
  10. サイト公開

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • うちの会社も時々ランサーズ使ってるけど、めっちゃ助かってます! 中小は、人件費のような固定費がかさむのは痛くてなかなか新しい人を採用できんから、 必要な時にお互いマッチングして仕事を依頼できるのはありがたいです。 創業者からのメ… twitter.com/i/web/status/1…
    about 8時間 ago via Twitter Web Client

アーカイブ

PAGE TOP