サーバー設定

【CentOS6】VPSサーバーへIPアドレスを追加する方法

さくらインターネットのVPSサーバーへIPアドレスを追加

先日、さくらインターネットでIPアドレスを1個取得しました。
※LinuxのディストリビューションはCentOS6です。

それで、あまりサーバーに詳しくない私は、

取得した時点でそのままIPアドレスを利用できるものとばかり思っていました。

 

が、世の中にそんな単純な話では無いようで、

追加したIPアドレスをNICに割り当ててやるという作業が必要とのこと。

 

 

要は、

ifcfg-eth0」というファイルをコピーするなり、新規で作成するなりして、

ifcfg-eth0:0」というファイルを作成して、

追加したIPアドレスの情報を記載してやればいいようです。

 

なので、早速「ifcfg-eth0:0」ファイルを開いて、
# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0:0

以下を記載します。

DEVICE=eth0:1
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=static
IPADDR=追加したIPアドレス
NETMASK=255.255.255.255

で、あとはnetworkを再起動させます。
# /etc/init.d/network restart

 

一応、

# ifconfig

で追加した情報が反映されていることを確認!!

 

問題なければ、

最後に管理画面上から紐付けたドメインを叩いて、

アップしているサイトを問題なく閲覧出来れば作業は完了です。

 

因みに、

さらにIPアドレスを追加する場合には「ifcfg-eth0:1」、
その次、またIPアドレスを追加する場合には「ifcfg-eth0:2」、



としてやればいいそうです。

 

0
この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. サーバー
  2. リマーケッター
  3. 不動産会社向けのWordPressテーマ
  4. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  5. ホームページを活用
  6. Perl(パール)
  7. Perl(パール)
  8. ホームページを活用
  9. データ転送
  10. サーバ
ConoHa WING 2周年キャンペーン中

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

アーカイブ

PAGE TOP