GoLand(Go言語)

go言語

今日は少し時間に余裕があったので、

遅ればせながら、

go言語を少し触ってみることにしました。

 

まずは、インストールからです。

 

# cd /usr/local/src
# wget https://storage.googleapis.com/golang/go1.4.2.linux-amd64.tar.gz
# tar -C /usr/local -xzf go1.4.2.linux-amd64.tar.gz

パスを設定
# export GOPATH=/usr/local/go/
# export PATH=$PATH:/usr/local/go/bin

 

取り敢えずはこれで完了です。

 

で、

まずはお決まりの「Hello World!」を出力するプログラムを作成して、

実行してみます。

 

# vi helloword.go

として、以下のコードを記述します。
===========================================
package main

import "fmt"

func main() {
    fmt.Println("Hello World")
}
===========================================

次に、

# go build helloword.go

としてコンパイルしてやります。

 

すると、

「helloword」というバイナリファイルが作成されているので、

あとは、

実行してやります。

 

# ./helloword

これで、

「Hello World!」

という文字列が表示される筈です。

 

因みに、

buildせずに、

# go run helloword.go

とすれば、

バイナリファイルを作成せずに、

そのままコンパイルして実行してくれるようです。

0
この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. ITコンサルティング
  2. トラブル
  3. WP:WordPress(ワードプレス)
  4. WP:WordPress(ワードプレス)
  5. WP:WordPress(ワードプレス)
  6. SNSシェア
  7. 開始
  8. コーディング
  9. WP:WordPress(ワードプレス)
  10. WP:WordPress(ワードプレス)

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • 以前「田舎って食費掛からんやろ」って言われて、ちょっとイラっとした。 田舎モンも肉食べるし、魚食べるし、野菜も買うよ。 意識して節約しないと、田舎かってそれなりには食費掛かるよ。
    about 3日 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP