WP:WordPress(ワードプレス)

WordPress「wp-load.php」をトップページに読み込んでみる

WordPressを使ってサイト全ページ構築するのではなく、

下層ページにインストールして、

ブログなどのようにサイトの一部のコンテンツのみに利用するということはよくあると思います。

 

そんな場合でも、

トップページには新規投稿記事を新着情報として「公開日」と「タイトル」の一覧くらいは表示させたいですよね。

 

記事一覧のHTMLを固定ページとして吐き出して、

トップページに読み込んでもいいのですが、

 

面倒なので

トップページに直接コードを書いてやれば楽ですね!!

 

例えば、

「blog」というディレクトリにインストールしている場合、

require_once( dirname( __FILE__ ) . "/blog/wp-load.php");

と記述を加えれば、

WordPressの関数を使用できるようになります。

 

あとは、

<?php
$args = array(
    "posts_per_page" => 10
);
$the_query = new WP_Query($args);
?>
<?php if($the_query->have_posts()): ?>
<?php while($the_query->have_posts()):$the_query->the_post(); ?>
        <dl>
            <dt><?php the_time("Y.m.d"); ?></dt>
            <dd><?php the_content(); ?></dd>
        </dl>
<?php endwhile; ?>
<?php endif; ?>

と該当の箇所に記述すればいいだけです。

※HTMLは調整が必要です。

0
この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. ITコンサルティング
  2. トラブル
  3. WP:WordPress(ワードプレス)
  4. WP:WordPress(ワードプレス)
  5. WP:WordPress(ワードプレス)
  6. SNSシェア
  7. 開始
  8. コーディング
  9. WP:WordPress(ワードプレス)
  10. WP:WordPress(ワードプレス)

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • 以前「田舎って食費掛からんやろ」って言われて、ちょっとイラっとした。 田舎モンも肉食べるし、魚食べるし、野菜も買うよ。 意識して節約しないと、田舎かってそれなりには食費掛かるよ。
    about 3日 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP