JavaScript

videoタグを使用する際には、html5mediaもご一緒に!!

動画をサイト上に載せる場合、

HTML5でのコーディングがメインになってからは<video>タグを使用します。

 

こんな風に書きます↓↓

<video id="video" autoplay poster="sample.jpg">
<source src="sample.mp4" type="video/mp4">
<source src="sample.webm" type="video/webm">
<source src="sample.ogv" type="video/ogg">
<p>こちらのブラウザでは動画を再生できません。</p>
</video>

拡張子「.mp4」の動画をサポートしていないブラウザも存在するので、

拡張子が「.webm」「.ogv」の動画も用意しておきます。

 

で、

この辺の情報はいくらでもネット上に詳しく出ているのですが、

問題はこの<video>タグはIE6、IE7、IE8に対応していないことです。

 

IE6、IE7辺りはもう動作保証の対象外とさせて貰っていいと思うのですが、

IE8は微妙なところです。

 

そこで取り敢えずIE8だけでも動画が再生されるようにと調べたところ、

「html5media」を使用すれば大丈夫!!とのこと。
https://html5media.info/

 

どうすればいいかというと、

<script src="http://api.html5media.info/1.1.5/html5media.min.js"></script>

を追記してやるだけです!!

 

これだけで、

IE8だけでなくIE6、IE7にも対応してくれるので、

すごく助かります。

0
この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. ITコンサルティング
  2. トラブル
  3. WP:WordPress(ワードプレス)
  4. WP:WordPress(ワードプレス)
  5. WP:WordPress(ワードプレス)
  6. SNSシェア
  7. 開始
  8. コーディング
  9. WP:WordPress(ワードプレス)
  10. WP:WordPress(ワードプレス)

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • 以前「田舎って食費掛からんやろ」って言われて、ちょっとイラっとした。 田舎モンも肉食べるし、魚食べるし、野菜も買うよ。 意識して節約しないと、田舎かってそれなりには食費掛かるよ。
    about 2日 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP