PHP(ピー・エイチ・ピー)

【PHP】in_array()関数では第3引数(true)を設定する

ある配列の中に特定の値が貼っているかをチェックする場合、

in_array()関数を使うことがありますね。

 

ただ、

この関数は注意しないといけない点が!!

$array = array(1, 2, 3, 4, 5);
if(in_array(1, $array)){
  echo "データが存在します。";
}else{
  echo "データが存在しません。";
}

とすると、

当然「データが存在します。」

となります。

 

ただ、PHPでよく発生する問題ですが、

if(in_array(1.0, $array)){
  echo "データが存在します。";
}else{
  echo "データが存在しません。";
}

としても、

in_arrray()では「1==1.0」となりtrueを返してくるので、

「データが存在します。」

となります。

 

こんな場合には、

第3引数にtrueを設定すれば、

型までチェックしてくれます。

 

なので、

if(in_array(1.0, $array, true)){
  echo "データが存在します。";
}else{
  echo "データが存在しません。";
}

とすれば、

「データが存在しません。」

となります。

0
この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. ホームページを活用
  2. Perl(パール)
  3. Perl(パール)
  4. ホームページを活用
  5. データ転送
  6. サーバ
  7. PHP(ピー・エイチ・ピー)
  8. WP:WordPress(ワードプレス)
  9. 色鉛筆
  10. WP:WordPress(ワードプレス)

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

ConoHa WING 2周年キャンペーン中

アーカイブ

PAGE TOP