WP:WordPress(ワードプレス)

「WP JSON REST API」を使って、記事個別ページを作成

個別記事のデータを取得した場合には、

http://www.sample.jp/blog/wp-json/posts/

にその記事のIDをくっ付けてやるだけです。

例:http://www.sample.jp/blog/wp-json/posts/記事のID/

コードは以下の様になります。

<?php

    $path = "http://www.sample.jp/blog/wp-json/posts/記事のID/";
    $ch = curl_init($path);
    curl_setopt($ch, CURLOPT_FOLLOWLOCATION, true);
    curl_setopt($ch, CURLOPT_MAXREDIRS, 5);
    curl_setopt($ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true);
    $json = curl_exec($ch);
    curl_close($ch);

//パース
$post = json_decode($json, true);

if($post === NULL) {
    //パースに失敗した時は処理終了
    return;
}else{

    $date = strftime("%Y 年 %m 月 %d 日", strtotime(substr($post["date"], 0, 10)));

print<<<EOF
    <div>タイトル:{$post["title"]}</div>
    <div>{$post["content"]}</div>
    <div>公開日時:{$date}</div>
EOF;

}

?>

 

この「記事のID」の部分を動的に書き換えるようにすれば、

記事一覧から記事個別ページへのリンクを貼って、

ブログの構築を行えるようになります。

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 共用サーバ(レンタルサーバ)
  2. サーバー
  3. リマーケッター
  4. 不動産会社向けのWordPressテーマ
  5. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  6. ホームページを活用
  7. Perl(パール)
  8. Perl(パール)
  9. ホームページを活用
  10. データ転送
ConoHa WING 2周年キャンペーン中

アーカイブ

PAGE TOP