Security(セキュリティ)

「WP-Ban」を使ってWPの不正ログイン対策

WordPress プラグインWP-Banで不正IPアドレスの接続制限を設定

不正ログインを監視する為に、

以前「Crazy Bone」というプラグインをこのブログに入れておいたのですが、

毎日、大量の不正なアクセス履歴が残っています。
※ある程度のセキュリティ対策は取っているので、今のところ破られた形跡はないですが。

 

で、他の仕事にかこつけて放置していたのですが、いい加減対策をとる事にしました。

対策といっても、

WP-Ban」というプラグインを使って、

特定のIPアドレスからのアクセスを拒否してやるだけですが。

Banとは「禁じる」という意味で、IPアドレス、ホスト名などを指定して、
不正なアクセス元からのアクセスを禁止する為のプラグインです。

 

使い方は、

インストール後、画面左メニューの「設定」の中に「Ban」という項目が追加されているので、

その画面から設定できます。

 

私の場合は、

特定のIPアドレスのみを拒否したかったので

Banned IPs」へそのIPアドレスを入力して、設定完了です!!
IPアドレス毎にブロック(Banned IPs)

因みに、

「Banned IPs」以外の設定もあります。

 

連番でIPアドレスを指定してブロックする場合 => Banned IP Range
連番でIPアドレスを指定(Banned IP Range)

ホスト名(国別)を指定してブロックする場合 => Banned Host Names
ホスト名(国別)で指定する場合(Banned Host Names)

リファラーを指定してブロックする場合 => Banned Referers
リファラーを指定(Banned Referers)

ユーザーエージェント指定してブロックする場合 => Banned User Agents
ユーザーエージェント指定(Banned User Agents)

 

あと、

ブロックから特定のIPを除外する場合 => Banned Exclude IPs
ブロックから特定のIPを除外(Banned Exclude IPs)

ブロック時に表示されるHTML(メッセージ)を編集する場合 => Banned Message
ブロック時に表示されるHTML(メッセージ)を編集(Banned Message)

を設定します。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

Twitter

アーカイブ

PAGE TOP