キャッシュによるサイトの速度改善!!

サイトの速度改善時に、

http://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

などでサイトの判定を行うと、

CSSや画像、javascriptはブラウザのキャッシュを活用しろ!!

と言ってきます。

 

キャッシュは、
<meta http-equiv="Expires” content="日時、秒数">

<meta http-equiv="Cache-Control" content="">
で設定を行えますが、

いろいろと面倒なんで、

「.htaccess」を使用してやります。

 

方法は「.htaccess」に以下の記述を行ってやるだけ!!

<ifModule mod_expires.c>
ExpiresActive On
ExpiresDefault "access plus 30 minutes"
ExpiresByType text/html "access plus 10 seconds"
ExpiresByType image/jpg "access plus 7 days"
ExpiresByType image/jpeg "access plus 7 days"
ExpiresByType image/gif "access plus 7 days"
ExpiresByType image/png "access plus 7 days"
ExpiresByType text/css "access plus 7 days"
ExpiresByType application/pdf "access plus 7 days"
ExpiresByType text/x-javascript "access plus 7 days"
ExpiresByType application/javascript "access plus 7 days"
ExpiresByType application/x-javascript "access plus 7 days"
ExpiresByType application/x-shockwave-flash "access plus 7 days"
ExpiresByType image/x-icon "access plus 7 days"
</ifModule>

※この方法は、
Apacheのmod_expiresというモジュールがインストールされている場合にのみ行える設定になります。

 

キャッシュを持たせる期間はいろいろ推奨があるみたいですが、

ほぼ更新が無いサイトなどは1ヶ月くらいに設定しておいても良いと思います。

 

因みに、

この方法も飛躍的に速度が速くなるわけではないですが、

こういった積み重ねが大事になってきます。

 

他にも、

ちょっとしたコードを記述した外部ファイルを読み込ませるくらいであれば、

<head>~</head>内辺りにコードを直接書き込む!!

CSSファイルはなるべく1つのファイルにまとめる!!

など他にもいろいろ改善する点はあるので、

出来る事は今日試してみると良いと思います。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

Twitter

アーカイブ

PAGE TOP