アクセス解析

その他もろもろ

Piwikでアクセス解析をしてみました

Piwikを使用するには、まずサーバーにインストールを行います。

 

最新版を、

http://piwik.org/download/ からダウンロードしてきます。

 

ダウンロード後にzipファイルを解凍すると「latest」というディレクトリの中に「piwik」というディレクトリが入っているので、

「piwik」ディレクトリをそのままサーバー上にアップし、

アップが完了すればそのURLへアクセスします。

 

例えば、sample.comというドメインのサーバー上にアップした場合、

http://sample.com/piwik/

にアクセスすると以下のような画面が表示されます。

Piwikインストール

ここで、「/piwik/tmp」ディレクトリに書き込み権限を与えて、ページを更新すれば、

以下の画面に移動するので、そのまま「次へ」をクリックして次ページへ移動します。

Piwikインストール

Piwikインストール

「次へ」をクリックしてください。

※「/piwik/config」のディレクトリに書き込み権限がない場合ここで「次へ」ボタンは表示されないので、

事前に書き込み権限を与えておいてください。

Piwikインストール

上から順に、データベースのサーバー名、ログインユーザー名、パスワード、使用するデータベースの名称を入力して、

「次へ」をクリックします。
※データベース(MySQL)は事前に用意しておいてください。※「テーブルプレフィックス」はデフォルトのままだとセキュリティー上良くないので、変更をお勧めします。

 

データベースに問題なくアクセスできれば正常にテーブルが作成され、

以下の画面へ移動します。

Piwikインストール

 

次に、

「スーパーユーザーのログイン」「パスワード」「メールアドレス」を入力して、「次へ」をクリックします。

Piwikインストール

Piwikインストール

解析を行いたいウェブサイトの名前、URL、タイムゾーン(日本なら「Tokyo」)を登録して、「次へ」をクリックします。

 

Piwikインストール

ここに表示されるコードがトラッキング用のコードになりますが、

ここは一旦「次へ」をクリックして、次へ進んで問題ないです。

Piwikインストール

「Piwikを続ける」をクリックすると下記のログイン画面に移動するので、

インストールじに設定したユーザー名とパスワードを入力して、ログインします。

Piwikインストール

 

ログイン後はいいかのような画面が表示されていると思います。

Piwikインストール

ログイン後に行うことは、

まず、

・ユーザーを作成
※インストール時設定したルートユーザーで解析を続けても問題ないのですが、
セキュリティー上のことも考えて閲覧用のユーザーを追加しておきます。
方法はこちら:https://deep-blog.jp/engineer/archives/2604

・解析の対象ページにトラッキングコードを貼り付ける。
方法はこちら:https://deep-blog.jp/engineer/archives/2613

また、Piwikでは複数のサイトを同一画面で管理できるので、

その設定についてもまとめておきます。
https://deep-blog.jp/engineer/archives/2626

WordPress短期学習プログラム

関連記事

  1. SSL(HTTPS)

    その他もろもろ

    【Chrome】9月から「保護された通信」が消えます

    Google Chromeから「保護された通信」の表示が消えます…

  2. コピペ
  3. スパムメール

    その他もろもろ

    スパムメールにはご注意を!!

    お客さんから、スパムメールが何通か届いた!!という連絡が入りま…

  4. 健康診断

    その他もろもろ

    【2019年】今年も憂鬱な健康診断の時期です

    少し前の話しですが、今年も健康診断を受けてきました。全ての…

  5. ホームページ制作ツール

    その他もろもろ

    Wix(ウィックス)はSEO対策には不向き?デメリットは!?

    Wix(ウィックス)ってどうなの?今回は、Wix(ウィ…

  6. 404 not found

    その他もろもろ

    【HTTPステータスコード】404と410について

    HTTPステータスコード 404と410の違いHTTP…

最近の記事

  1. URLのwwwあり・なしの統一方法
  2. URLのwwwはあり?なし?
  3. SEO(エスイーオー)
  4. 中古ドメイン(Old Domain)について
  5. CakePHP
  6. Technology-Connection-Net
  7. ドメインにハイフンを使うのは日本人だけ?
  8. SSL(HTTPS)
  9. ドメインについて
  10. WP:WordPress(ワードプレス)
PAGE TOP