JavaScript

Yahoo!地図のWeb APIを使ってみました!!

弊社では今までGoogleMapしか使ってこなかったのですが、

使用制限の問題が面倒くさくて、Yahoo!地図を試してみました。

 

まずは、

http://developer.yahoo.co.jp/start/

辺りからアカウント登録して、アプリケーション登録して、

「アプリケーションID」を取得しておきます。

 

で、

後はコードを書いていくだけです。

 

一番シンプルな表示方法は、

drawMap(center, zoom, layerSetId)

を使います。

 

例えば、ソースはこんな感じです↓

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">

<script src="http://js.api.olp.yahooapis.jp/OpenLocalPlatform/V1/jsapi?appid=アプリケーションID" type="text/javascript"  charset="UTF-8" ></script>

<script language="JavaScript">
window.onload = function(){

var map    = new Y.Map("map_canvas");
var latlng = new Y.LatLng(35.681382, 139.766084) //東京駅

//地図を表示
map.drawMap(latlng, 15);

}
</script>

</head>
<body>
<div id="map_canvas" style="width:100%;height:400px;"></div>
</body>
</html>

結構簡単ですね!!

 

APIの利用制限も1つのアプリケーションID当り1日5万回までだったので、
http://developer.yahoo.co.jp/appendix/rate.html

 

結構便利です!!
※因みに、GoogleMapの場合は現時点では1日2,500 回までです。

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 共用サーバ(レンタルサーバ)
  2. サーバー
  3. リマーケッター
  4. 不動産会社向けのWordPressテーマ
  5. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  6. ホームページを活用
  7. Perl(パール)
  8. Perl(パール)
  9. ホームページを活用
  10. データ転送
ConoHa WING 2周年キャンペーン中

アーカイブ

PAGE TOP