.htaccessでリダイレクト出来ない時は、meta refreshタグで!!

ある業者さんサイトリニューアルに伴いまして、

ドメインも変更になるので、

サイトごとリダイレクトする設定を行ってやることに。

 

取り敢えず、

.htaccessに

RedirectMatch 301 .* http://www.new_domein.com/

を記述して、

サーバー上にアップしてやると、

Internal Server Errorに!!

 

試しに、

Redirect permanent / http://www.new_domein.com/

と記述を変えてみても、

やはり結果は同じでした。

 

取り敢えず、

お客さんにサーバ会社を教えて頂き調べてみると、

.htaccessが使用出来ないとことでした。

 

仕方ないので、

<meta http-equiv="refresh">タグを使用することにしました。

 

転送までの時間(contentの後ろに設定する時間)を「0秒」にしておけば、

301リダイレクトと同じ扱いになるようです。

 

なので、

<meta http-equiv="refresh" content="0;URL=http://www.new_domein.com/">

と記述してやります。

 

ただし、

この方法は上手く処理してくれない検索エンジンもあるようです。

あくまで「.htaccess」を使用出来ない場合のみにした方がいいようです。

 

それと、

念の為にリダイレクトされない時の対策として、

======================================
ジャンプしない場合は、下記のURLをクリックしてください。
http://www.new_domein.com/
=====================================

という文章を記述しておいた方がよさそうです。

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

関連記事

最近の記事

  1. 常時SSL通信設定後にやっておくべきこと
  2. 常時SSL通信設定方法
  3. htaccessとは
  4. WordPress
  5. WordPress
  6. 動的URLを疑似静的化
  7. ホームページ(homepage)
  8. 日本語ドメイン
  9. パンくずの構造化
  10. ホームページを公開したら、必ずやるべき事

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

  • 今日は朝からマニュアル作成 なんでマニュアル作成って、こんなにつまらないんやろ。 必要やから作成するけど、コード書くかブログ記事のアップを行いたい。
    about 2日 ago via Twitter Web App

アーカイブ

PAGE TOP