2015年 11月

  1. PHP(ピー・エイチ・ピー)

    PHP

    PHP「expose_php = off」の設定

    本日は、お客さんが借りられているサーバのPHP設定を1か所変更しました。php.iniに「expose_php」という項目があると思います。こちら、有効になっていると、HTTPヘッダーにPHPのバージョンを出してしまいます。こんな感じで↓※レスポンスヘッダー「WEB Developer」というアドオンを使って確認し…

  2. PHP(ピー・エイチ・ピー)

    PHP

    【PHP】RSSを読み込んで新着情報を表示

    お客さんから、ホームページに表示させている新着情報が表示されなくなった!という報告がありました。MT(Movable Type)でブログを作成していて、サイトのトップページにブログの最新記事を5件を新着記事として表示させるようにしていたのですが、その新着情報が何も表示されなくなっていました。直前にレンタルサーバー側が仕様変更を行っ…

  3. WP:WordPress(ワードプレス)

    WP(WordPress)

    WordPress「Custom Post Type Permalinks」をインストールするとエラーが。。。

    WordPressに「Custom Post Type Permalinks」というプラグインをインストールしたのですが、重大なエラーを引き起こしたため、プラグインを有効化できませんでした。Fatal error: Call to undefined function spl_autoload_register() in /...../wp-content/plugins/custom-p…

  4. WP:WordPress(ワードプレス)

    WP(WordPress)

    WordPressプラグイン「Delete Custom Fields」で不要なカスタムフィールドを削除

    開発当初の設計ミスであったり、後になっての大幅な仕様変更など、原因は様々ですが、WordPressでシステムの構築を行っていると、不要になったカスタムフィールドの残骸が大量に残ってしまう事が時々あります。放置してもいいのですが、なんか気持ち悪いので削除したい!!という時には、Delete Custom Fields…

  5. WP:WordPress(ワードプレス)

    WP(WordPress)

    WordPressプラグイン「Post Type Switcher」で記事の投稿タイプを移動

    最近はWordPressをCMSで利用することも多いので、カスタム投稿タイプを追加して複数の投稿画面を用意して、記事を目的に応じて管理することも良くあります。が、諸々の理由で紐付けていた記事を別の投稿タイプに移動させたい!!ということって時々あります。そのような場合には、Post Type Switcherというプラグインを使うと…

最近の記事

  1. 常時SSL通信設定後にやっておくべきこと
  2. 常時SSL通信設定方法
  3. htaccessとは
  4. WordPress
  5. WordPress
  6. 動的URLを疑似静的化
  7. ホームページ(homepage)
  8. 日本語ドメイン
  9. パンくずの構造化
  10. ホームページを公開したら、必ずやるべき事

アーカイブ

PAGE TOP