メールアドレス

サーバー

Sendmailでメールの自動転送設定

今日はメールの自動転送設定に1時間ほど時間を取ってしまいました。

 

メールの転送設定は、基本的には「エイリアスファイル(aliasesァイル)」へ書き込むだけです。

 

# vi /etc/mail/aliases

ユーザーID: 転送先のユーザーID または メールアドレス
を追記。

あとは

# newaliases

を実行してやれば、

aliasesファイルを読み込み、aliases.dbを勝手に作成してくれます。

 

そこで、

test01@sample.comへのメールをtest02@gmail.comというアドレスへ転送することに!!

 

/etc/mail/aliasesへ「test01: test02@gmail.com」と書き込み、newaliasesを実行。

 

あとは実際に転送されているかのテストを実施するだけです。

 

ところが、

いくら待ってもメールがtest02@gmail.comへ転送されてこないので、

記述が間違っていないか40分程あたふた。

 

原因は単純なミスで、

/etc/mail/sendmail.cfを確認すると

こんな記述が!!
O AliasFile=/etc/aliases

 

読み込んでいるaliasesファイルの場所がちゃいますやん!!

 

と、周りに気を遣いながら関西人らしく一人で静かに突っ込んでました。

 

要は、

# vi /etc/mail/aliases

ではなく

# vi /etc/aliases

で、aliasesファイルを開いて書き込んでやれば良かったようです!!

 

今日はとんだところで無駄な時間を使ってしまいました。

 

因みに、

aliasesファイルではなく

.forwardへ書き込む方法などもあるらしいですが、

取り敢えず、aliasesファイルで正常に動いてくれているので、

そちらは気が向いた時にでも勉強することにします。

 

あと、

転送元のメールを残したまま転送したい場合には、

test01: #test01,test02@gmail.com

としてやればいいそうですよ。

 



WordPress短期学習プログラム

関連記事

  1. おすすめサーバ(レンタルサーバ)

    サーバー

    ConoHaサーバーを借りてみました!!

    以前から気になっていたConoHaのVPSサーバーを借りてみました。…

  2. Linux(リナックス)

    Linux

    サーバのユーザーアカウントを変更!!

    passwdでユーザーパスワードを変更先週から今週にか…

  3. Python(パイソン)

    Python

    ポートを開放していなかった。。。

    弊社のあるサイトをPythonで組み直すことになったので、本日から…

  4. おすすめサーバ(レンタルサーバ)

    サーバー

    iCLUSTAサーバでリダイレクト設定エラー

    GMOクラウドのiCLUSTAサーバを利用しているサイトでの話です。…

  5. HTTP Protocol

    サーバー

    HTTPプロトコル「HTTP/2」について今更ながらまとめてみました

    そろそろHTTP/2について正しく理解しようと思い、今回はHT…

  6. サーバー

    【KUSANAGI】プロビジョニング

    前回の記事で初期設定まで完了したので、次はプロビジョニングを行い、…

最近の記事

  1. SEO関連タグ
  2. SEO関連タグ
  3. レンタルサーバー(共用サーバー)
  4. システム開発用のアイキャッチ
  5. システム開発用のアイキャッチ
  6. ドメイン 利用制限
  7. WP:WordPress(ワードプレス)
  8. システム開発用のアイキャッチ
  9. システム開発用のアイキャッチ
  10. Theme(テーマ)の選択
PAGE TOP