PHP(ピー・エイチ・ピー)

PHPで切り捨て、切り上げ、四捨五入

プログラミングをしている時に、

何らからの計算処理をすると小数点以下がめっちゃ長くなることがあります。

 

何かうっとうしいので、

そんな時には、

round()関数で四捨五入を!!

 

小数点以下は切り捨てでいいという場合には

floor()関数を、

切り上げたいという場合には、

ceil()関数を使用します。

 

具体的には、
//四捨五入
$num = "3.587291081";
$num = round($num);
echo $num;
※「4」が出力されます

//1の位を四捨五入
$num = "321.587291081";
$num = round($num, -1);
echo $num;
※「320」が出力されます

//小数点第2位の値を四捨五入
$num = "3.587291081";
$num = round($num, 2);
echo $num;
※「3.59」が出力されます

//切り捨て
$num = "3.587291081";
$num = floor($num);
echo $num;
※「3」が出力されます

//マイナスの値を切り捨て
$num = "-3.587291081";
$num = floor($num);
echo $num;
※「-4」が出力されます

//切り上げ
$num = "3.587291081";
$num = ceil($num);
echo $num;
※「4」が出力されます

//マイナスの値を切り上げ
$num = "-3.587291081";
$num = ceil($num);
echo $num;
※「-3」が出力されます

この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 共用サーバ(レンタルサーバ)
  2. サーバー
  3. リマーケッター
  4. 不動産会社向けのWordPressテーマ
  5. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  6. ホームページを活用
  7. Perl(パール)
  8. Perl(パール)
  9. ホームページを活用
  10. データ転送
ConoHa WING 2周年キャンペーン中

アーカイブ

PAGE TOP