CMS(シーエムエス)

MTでPageButeというページ分割プラグインを使ってみた

今日は、久しぶりのMT(Movable Type)案件を対応していました。

 

ページ分割が必要だったので、

PageButeというプラグインを利用させて頂きました。

 

1ページ目から順にindex.html、index_2.html、index_3.html、index_4.html、・・・・

と静的ページを作成して各ページ番号にリンクを貼ってくれるプラグインです。

 

使い方は簡単で、

まずプラグイン提供元のスカイアークさんのサイトからプラグインをダウンロードして、

解凍後に出来た「PageBute」ディレクトリをMTのプラグインディレクトリ(/plugins/)にアップするだけです。
http://www.skyarc.co.jp/engineerblog/entry/2642.html

 

これでインストールは完了です。

 

あとは、ページ分割が必要なページのテンプレートに、

ページング用のコードを追加してやるだけです。

 

今回の案件では以下のようなコードを書いてやりました。

<!--エントリー一覧_start-->
<MTPageContents count="5">
<MTEntries lastn="0">
<div>
<p><a href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle remove_html="1"$></a></p>
</div>
<div>
<p><$MTEntrybody remove_html="1" trim_to="70" $></p>
</div>
<div><a href="<$MTEntryPermalink$>">続きを読む</a></div>
<$MTPageSeparator$>
</MTEntries>
</MTPageContents>
<MTPageEmpty><p style="margin:30px auto;text-align:center;color:#FF0000;font-size:14px;">記事は未登録です</p></MTPageEmpty>
<!--エントリー一覧_end-->

<!--ページング_start-->
<div>
<ul>
<MTIfPageBefore>
<$MTPageBefore delim="前へ"$>
</MTIfPageBefore>
<$MTPageLists show_always="0" link_start="<li>" link_close="</li>"$>
<MTIfPageNext>
<$MTPageNext delim="次へ"$>
</MTIfPageNext>
</ul>
</div>
<!--ページング_end-->

まず、
<MTPageContents count="5">に一ページ当たりに表示させる記事数を設定します。

 

次に、

<MTEntries lastn="0">でループさせて記事を表示させます。
※この際、lastn="0"またはlastn="999"としておきます。

 

</MTEntries>の上あたりに<$MTPageSeparator$>タグを入れるのも忘れないようにしてください。

 

あと、

<$MTPageLists$>タグの「show_always="0"」は、

1ページしかない場合にページ番号を出力しないようにするための設定です。
※「show_always="0"」を設定していない場合、2ページ目以降が無くてもページ番号「1」を表示してしまいます。

 

というか、

細かい設定方法はスカイアークさんのサイトや他の利用者の方が解説してくれているので、

そちらを見た方が早いです。

 

とにかく、

ダイナミック・パブリッシング化していると使用できないですが、

静的ページを吐き出している場合にページングを設定するには、

非常に便利なプラグインです。

 

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

アーカイブ

PAGE TOP