PHP(ピー・エイチ・ピー)

array_unique()関数で配列の重複データを削除

重複したデータが配列の中に存在する場合、

array_unique()関数を使えば重複データを削除してくれます。

 

でも、

重複したデータを削除した配列変数からforを使ってデータを取り出す際に問題が!!!

 

array_unique()関数でデータを削除した場合、

削除したデータのキーは詰めてくれないんですね!!

 

例えば、

$data_ary = array(
1 => "データ01",
2 => "データ01",
3 => "データ01",
4 => "データ02",
5 => "データ03",
6 => "データ03",
7 => "データ02",
8 => "データ01"
);

のような配列のデータをarray_unique()関数で処理すると、

Array ( [1] => データ01 [4] => データ02 [5] => データ03 )

といったキーが飛び飛びになったものになってしまいます。

 

そんな時には、都合のいい関数がありました。

 

array_merge()使えば、

キーを詰めてくれるようです。

 

例えば、

上記のようなデータであれば、

$data_ary = array_unique($data_ary);
$data_ary = array_merge($data_ary);

とコードを書いてやれば、

 

Array ( [0] => データ01 [1] => データ02 [2] => データ03 )

といった具合になります!!

0
この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. サーバー
  2. リマーケッター
  3. 不動産会社向けのWordPressテーマ
  4. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  5. ホームページを活用
  6. Perl(パール)
  7. Perl(パール)
  8. ホームページを活用
  9. データ転送
  10. サーバ
ConoHa WING 2周年キャンペーン中

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

アーカイブ

PAGE TOP