公開鍵と秘密鍵

Tera Termで公開鍵と秘密鍵を作成して、安全にSSH接続を行う方法

今回は、Tera Termで公開鍵秘密鍵を作成して、設定するまでの方法についてまとめました。

面倒ですが、決して難しい作業ではないので、
良ければ参考にして頂ければと思います。

公開鍵と秘密鍵の作り方

Tera Termを立ち上げて下さい。

Tera term キャンセルをクリック
立ち上がったら、画面下の「キャンセル」をクリックして下さい。

設定メニューより「SSH鍵生成」を選択します。
Tera term SSH鍵生成を選択

Tera term 鍵を生成
鍵の種類は「RSA」、ビット数は「2048」にして、「生成」をクリックして下さい。

これで鍵の生成が完了です。
Tera term 鍵の作成完了

鍵の作成が完了したら、鍵のパスフレーズパスフレーズの確認を入力します。
Tera term パスフレーズを設定
パスフレーズは任意の文字列を設定して下さい。
また、パスフレーズは後で使うので、必ず、忘れないように保存しておいて下さい。

公開鍵を保存します。
Tera term 公開鍵の保存をクリック

PCの任意の場所に保存します。
Tera term 公開鍵をローカルに保存

秘密鍵を保存します。
Tera term 秘密鍵の保存をクリック

PCの任意の場所に保存します。
Tera term 秘密鍵をローカルに保存

これで、公開鍵秘密鍵の作成が完了です。

保存した鍵の中身は、この様になっていると思います。
【公開鍵】
公開鍵の中

【秘密鍵】
秘密鍵の中

 

公開鍵をサーバーへ設置

次は、公開鍵をサーバーへ設置していきます。

まずは、Tera Termを立ち上げて、鍵を設定するユーザーでサーバーへアクセスします。

ホスト名を入力して、「OK」をクリックして下さい。
Tera term ホストの設定

該当ユーザーでログインします。
Tera term ユーザーログイン
※ここでは、まだパスワードでログインして下さい。

ファイルメニューより「SSH SCP」を選択します。
Tera term SSH SCPを選択

以下のような画面が開くので、「From:」の右横にある「...」をクリックします。
Tera term 公開鍵の選択

生成した公開鍵「id_rsa.pub」を選択します。
Tera term 公開鍵の選択

Send」をクリックして、公開鍵をサーバに送信します。
Tera term 公開鍵をサーバに送信

これで、公開鍵の設置が完了です。

$ ls -al
を実行して、送信した公開鍵がサーバー上に保存されているかを確認します。
Tera term 公開鍵を確認
画像のようにid_ras.pubがアップされていれば、OKです。

 

公開鍵認証によるサーバーへの接続

それでは、サーバー上に保存した公開鍵とローカルに保存している秘密鍵を使って、
サーバーへ接続してみます。

まずはTera Termを立ち上げて、ホスト名を入力して、「OK」をクリックします。
Tera term ホストの設定

ユーザー名パスフレーズを入力して、秘密鍵をクリックします
Tera term 秘密鍵をクリック

ローカルに保存しておいた秘密鍵「id_rsa」を選択します。
Tera term 秘密鍵を選択

秘密鍵を選択したら、「OK」をクリックします。
Tera term サーバへ接続

これで無事ログインできれば、設定が完了です!

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. SEO対策とは
  2. SE(システムエンジニア)
  3. カメラ
  4. アクセス解析
  5. ファイアウォール
  6. 一眼レフカメラ
  7. システム開発用のアイキャッチ
  8. FTPサーバー
  9. システム開発用のアイキャッチ
  10. Warning
PAGE TOP