WP:WordPress(ワードプレス)

【WordPress】is_paged()で1ページ目か2ページ目以降か判定

is_paged()で1ページ目かどうかの判定

表示中のページが1ページ目2ページ目以降かを判定して、
表示や処理を分けたい場合ってよくあります。

そんな場合には、
is_paged()という関数を使って条件判定を行います。

このようなコードになります。

<?php if( is_paged() ): ?>
1ページ目の処理
<?php else: ?>
2ページ目以降の処理
<?php endif; ?>

 

is_paged()の使用例

is_paged()の具体的な使用例をいくつか紹介しておきます。

トップページにのみバナーを表示させたい場合

<?php if(is_home() and !is_paged()): ?>
//1ページ目にのみバナーを表示
<a href="リンク先URL"><img sr="img/banner.jpg" alt="〇〇バナー"></a>

 

アーカイブページで2ページ目以降をインデックスさせない

アーカイブページで2ページ目以降をインデックスさせないようにする場合、
<head>~</head>内に「noindex」を出力します。

<head>

<?php if(is_archive() and is_paged()): ?>
//2ページ目以降にnoindexを出力
<meta name="robots" content="noindex">


</head>

0
この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. WP:WordPress(ワードプレス)
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. 文系と理系のメリットとデメリット
  4. 東京駅
  5. 残業
  6. プログラマーになるのに年齢は関係ある?
  7. 年収(収入)
  8. income(収入)
  9. プログラマーになろう
  10. オンライン学習支援サイト

Twitter

ダッチ@職業ブロガー兼プログラマー
@gatsu0000

アーカイブ

PAGE TOP