共用サーバ(レンタルサーバ)

最近、ConoHa WINGというレンタルサーバーもいいかなと思ってきた件

弊社では、今まで一度も使ったことが無いレンタルサーバーですが、
個人的に立ち上げたサイトで使ってみたConoHa WINGが意外のほか良かったです。

ちゃんと評判を調べてみると、酷評されている方もいらっしゃいますが、
全体的には上々のようです。

で、私が良いなと思った主な理由は、
■コストパフォーマンスがいい
■サクサク動いてくれる
という2点です。

コストパフォーマンスがいい

初期費用が不要で、最低利用期間もないので、初期のコストが不要です。
また、1時間単位での課金になるので、好きなタイミングでいつでも止めることができ、気軽に始められます。

プランは、スタンダード、ベーシック、プレミアムの3種類あります。
conoHa WINGの料金

おすすめはスタンダードプランですが、個人でサイトを運営するならベーシックプランでも問題は無いです。

料金の詳細は、以下を参照して下さい。
[ 料金|レンタルサーバーならConoHa WING ]
※各プラン、20日間のお試し期間が付いているのも助かります。

もちろん、探せばもっと安いレンタルサーバーは見つかりますが、
サーバーのスペックや初期費用が掛からない点、あと、お試し期間が20日付いている点を考慮すると、
コストパフォーマンスは、1番ではないですが、かなりいいサーバーです。

 

サクサク動いてくれる

私がConoHa WINGのサーバーで運用しているサイトは、WordPressで構築しています。

記事数は50記事くらい、画像は大量に使用、という状況ですが、
管理画面もユーザー公開ページもストレスなくサクサク表示されます。

国内最速と謳っているだけのことはあります。
実際に自分で測定した訳ではないですが。。。

高速な理由としては、以下のようなところですね。

・WebサーバーにNGINXを採用 => アクセスが集中しても安心です
・ストレージにSSDを採用
・PHPの実行環境として、FastCGIよりも高速なLiteSpeed LSAPIを採用 => WEBサーバー上でPHPなどのプログラムを動作せるための仕組みのようなものです
・通信プロトコルとしてHTTP/2をサポート => HTTPS通信と組み合わせることで高速化できます
・PHPアクセラレータとして「OPcache」を導入 => PHPプログラムのキャッシュを利用して高速化する仕組みです

 

その他の理由

まず、コントロールパネルは、他サーバーのサービスと比べると、シンプルで使い易いと思います。
他サーバーも使い勝手が悪いわけではないですが。

あと、「WordPressかんたん移行」も便利です。
ぜひ一度試して貰いたい機能です。

 

最後に

弊社では、お客さんにレンタルサーバーを紹介する際、
以前は、さくらインターネットの共用サーバーエックスサーバーがメインでした。

最近はmixhost(ミックスホスト)も選択肢として考えています。

ただ、ConoHa WINGもそれらのサーバーと同様に高スペックで、また、国内最速を謳っているレンタルサーバーです。
サービスの提供元もレンタルサーバーの業界では大手のGMOです。
今後、お客さんへレンタルサーバーを紹介する際、一押しとしてすすめていくかもしれないです。

その辺は、営業の人間と相談しながら決めていくことですが。



この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. SEO対策とは
  2. SE(システムエンジニア)
  3. カメラ
  4. アクセス解析
  5. ファイアウォール
  6. 一眼レフカメラ
  7. システム開発用のアイキャッチ
  8. FTPサーバー
  9. システム開発用のアイキャッチ
  10. Warning
PAGE TOP