SEO(エスイーオー)

【WordPress】これだけはやっておいて損のないと思うSEO対策

WordPressとSEOについて

インターネットでWordPressについて調べていると、
WordPressはSEO対策が不十分!」といった内容の記事を見掛けることがります。

が、WordPressというのは、本来、SEO対策を行いやすいツールと言われています。
それは、GoogleのSEOの責任者でもあるマット・カッツ(Matt Cutts)さんも認めているくらいです。

少し古い情報ですが、マット・カッツさんは以下のようなことを言われています。

WordPress is a great choice.
WordPress automatically solves a ton of SEO issues.
WordPress takes care of 80-90% of (the mechanics of) Search Engine Optimization.

「WordCamp San Francisco 2009」より引用

日本語訳にするとこんな感じですね。

ワードプレスを選択することはとても素晴らしい。
ワードプレスはSEOに関する多くの問題を自動的に解決してくれます。
WordPressはSearch Engine Optimization(SEO)のメカニズムの80~90%まで対応することができる。

もちろん、インストールしたままのデフォルトの状態では、SEO対策は全くできていません。
それは、WordPressに限らず、他のツールでも同じで、何もSEO対策を行っていなければ、不十分なのは当然です。

なので、しっかりとSEO対策を行っていきましょう!
と、いうことです。

もし、自分でSEO対策を行うのが嫌だという方は、
アメブロのアカウントを開設してブログを書いていきましょう!

もちろんアメブロも不十分な点は多々ありますし、独自ドメインでないが故の問題点もあります。
それに、キーワード対策などは、どちらにしても自分で対応しないといけないです。
が、自分で何も対策できないのであれば、WordPressでサイトを構築するよりかは全然マシです。

 

URLにはキーワードを含める

URLに含まれるキーワードも検索ランキングのシグナルとして使用されています。
また、URLはユーザビリティにも影響を及ぼすので、記事毎にパーマリンクをしっかりと設定するようにしましょう。

URLのパーマリンクは、投稿画面のタイトル下のテキストボックスで設定します。
WordPress パーマリンク(ディレクトリ名)の設定 編集をクリック
デフォルトでは記事タイトルがそのままパーマリンクに設定されているので、
右横の「編集」をクリックして変更を行います。

WordPress パーマリンク(ディレクトリ名)の設定
ターゲットとしているキーワードを含んだパーマリンクに変更する。

これでOKです!

ただし、デフォルトでは、投稿画面上でパーマリンクを自由に変更できない設定になっているので、
インストールされたばかりの方であればパーマリンク設定の変更が必要になります。

WordPress管理画面の左メニューにある「設定」→「パーマリンク設定」で「カスタム構造」を選択して下さい。

「カスタム構造」右横のテキストボックスに「/%postname%/」と登録して下さい。
WordPress パーマリンクの変更

これでOKです。
投稿画面に移動して、パーマリンクの変更を行えるようになっているか確認して下さい。

 

タイトルタグとメタタグ(メタディスクリプション)を設定する

タイトルタグメタディスクリプションの設定は非常に重要です。
タイトルタグメタディスクリプションは、記事毎に設定できるようしておきましょう。

と言っても、デフォルトでは、タイトルタグメタディスクリプションを記事毎に設定することは出来ません。
そのため、自分でその仕組みを用意する必要があります。

おすすめは、タイトルタグメタディスクリプションを記事毎に登録できるようになっているテーマを選択して利用する方法です。

それが出来ない場合(例えば、オリジナルでテーマを作成されている場合など)には、
・カスタムフィールを使って自分で仕組みを作る(そこまで難しくはないです)
・対応しているプラグインを利用する
で、タイトルタグメタディスクリプションを記事毎に設定出来るようにすることが可能です。

プラグインを利用される場合には、「All in one seo pack」や「Yoast SEO」を利用されている方が多いです。
情報量も多いので、簡単に使いこなせるようになると思います。

All in one seo pack」は機能が多くて嫌だという方は、「Yoast SEO」の方が、使い方はまだシンプルです。

もっとシンプルなプラグインがいいという方であれば、
タイトルタグの設定のみのプラグインになりますが、「mypace Custom Title Tag」もおすすめです。
メタディスクリプションのみの設定でよければ、「Meta Manager」というプラグインがおすすめです。

【タイトルタグ、メタディスクリプションの設定内容について】

記事毎にタイトルタグメタディスクリプションを設定する際には、以下の点を意識しておいてください。
・タイトルタグにはシンプルで分かり易い内容を設定する
・ターゲットとしているキーワードは、タイトルタグの前半部分に持ってくる
・ターゲットとしているキーワードは、必ずメタディスクリプションにも入れておく
・タイトルタグが長くなりすぎた場合には、工夫して短くし、その分、メタディスクリプションで記事の内容説明を補う

ようは、
タイトルタグは検索エンジンを意識して簡潔にし、メタディスクリプションで工夫してCTR(クリック率)を上げる努力をして下さい。
ということです。

 

XMLサイトマップを作成する

XMLサイトマップとは、ざっくりと言うと、ページの新規追加や更新などが発生した場合に、
その情報をGoogleに通知するための役割を持っています。

それにより、ページのインデックスが早まります。
それに、XMLサイトマップの登録はGoogleも推奨しているので、必ず作成されることをおすすめします。

XMLサイトマップに記載する内容は以下になります。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<urlset xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9">
<url>
<loc>http://www.example.com/</loc>
<lastmod>2019-06-15</lastmod>
<changefreq>weekly</changefreq>
<priority>1.0</priority>
</url>
<url>
<loc>http://www.example.com/company/</loc>
<lastmod>2019-06-15</lastmod>
<changefreq>monthly</changefreq>
<priority>0.8</priority>
</url>


</urlset>

ただ、
上記ような形式で、Googleに通知したいページURLを全て記載する必要があるので、手動で作成すると管理が大変です。
必ず、プラグインを利用して作成するようにしましょう。

おすすめのプラグインは、「Google XML Sitemaps」です。

こちらのプラグインに関しては、
インストールするだけでOKなので、とても便利です。
XMLサイトマップのURLは、https://example.com/sitemap.xmlとなります。

XMLサイトマップを用意出来たら、必ずGoogle Search Console(グーグルサーチコンソール)からそのURLを追加して下さい。
Search Consoleの画面に「サイトマップ」というメニューがあるので、その画面から簡単に追加できます。
Google Search Console サイトマップ送信
※XMLサイトマップは、作成してサーバー上にアップロードしておくだけでは、Googleはその存在に気付いてくれないので、注意して下さい。

 

低品質な記事にはnoindex(ノーインデックス)を設定する

低品質な記事(内容の薄い記事)には、noindexを設定するようにして下さい。

ただ、デフォルトでは、記事毎にnoindexを設定できる機能がありません。

・対応しているテーマを利用する
・対応しているプラグインを利用する
・カスタムフィールドを利用して、自分で仕組みを作る
のいずれかで、記事毎にnoindexを設定できるようにすることが可能です。

また、
アーカイブページタグページも品質が高いページとは言えないので、
noindexを設定しておいた方がいいです。

 

canonical(カノニカル)タグの設定を行う

内容が被っている記事がある場合には、
どちらかの記事にcanonicalタグを設定するようにして下さい。

ただ、デフォルトでは記事毎にcanonicalタグを設定できる機能がありません。

・対応しているテーマを利用する
・対応しているプラグインを利用する
・カスタムフィールドを利用して、自分で仕組みを作る
のいずれかで、記事毎にcanonicalタグを設定できるようにすることが可能です。

 

表示速度を意識する

Googleは、表示速度も検索ランキングのシグナルに利用しています。

・プラグインを入れすぎない
・高速なサーバーを利用する
・高速なテーマを利用する
・画像を軽量化する
・キャッシュ系のプラグインを利用する
などの対応をとって下さい。

【プラグインを入れすぎない】

プラグインに関しては、必要なものを入れていくとどうしても多くなることがあります。

増えすぎた場合には、プラグインを使わなくても実現できる機能は自分で作成するなどして、工夫して下さい。
目安のプラグイン数は、15個以下です。

【高速なサーバーを利用する】

サーバーに関しては、よほどの大規模なサイトでない限り、
エックスサーバーmixhost(ミックスホスト)、さくらインターネットの共用サーバーでも充分です。

【高速なテーマを利用する】

速度を意識して、かなり作りこまれているテーマもあります。
探すと結構あるので、それらを利用する方法もあります。

【画像を軽量化する】

画像をアップロードする際には、デジカメなどで撮った写真をそのままアップするのではなく、
ある程度軽量化して下さい。

デジカメなどで撮ったデフォルトの写真だと、容量が数Mにもなるのでまずいです。
TinyJPG」というオンラインサービスを利用すれば簡単に軽量化できるので、おすすめです。

また、WordPressには「EWWW Image Optimizer」という軽量化してくれるプラグインもあるので、
そちらをインストールしておくと便利です。

【キャッシュ系のプラグイン】

キャッシュ系のプラグインを利用する方法もあります。
キャッシュを利用することでサーバーの負荷軽減にもなるので、
プラグイン数に余裕があれば、1つくらいは入れておいてもいいと思います。

私のおすすめは「WP Fastest Cache」ですが、「WP Super Cache」も有名です。
※キャッシュ系のプラグインは、検索すれば、他にもいろいろ見つかります。

ただし、キャッシュ系のプラグインは、
・よく分からない不具合を起こす
・逆に遅くなった
などということも聞くので、利用する場合にはしっかりと検証を行って下さい。

 

CDNを利用する

CDNを利用することで、ネットワーク上に保存されたキャッシュを利用することが可能になります。

キャッシュを利用することで、アクセスの度にデータベースなどへアクセスする必要が無くなるので、
ページの表示速度も上がります。
また、サーバーへの負荷も軽減します。

CDNは有料のサービスが多いですが、無料で使えるサービスもあります。
無料でも利用できるおすすめのサービスは、「CloudFlare」や「Rapid START」です

CDNの利用は少しハードルが上がります。
とはいっても、インターネット上に多くの情報が公開されているので、自身でも対応できると思います。

余裕がある方は、1度挑戦してみて下さい。

 

404ページを作成する

不要になった記事を削除することはよくあります。

ただ、放置しているとNot Foundになるだけなので、必ず404ページを作成するようにして下さい。

404ページがあれば、アクセスしてきたユーザーを別ページに適切に導くこともできるので、
ユーザーを逃す機会も減ります。

 

パンくずの構造化を行う

まず、大前提として、パンくずの設定自体は、ユーザビリティーにも関わってくるので、必須だと考えて下さい。

それで、せっかく設定するのであれば、パンくず構造化データでマークアップするようにしましょう。

それにより、Googleの検索結果に表示されるパンくずリストリッチスニペットにすることが可能です。
パンくずリストのリッチスニペット

構造化データでのマークアップは、Googleも推奨しています。
現時点では、検索ランキングには直接影響しないと言われていますが、
その内シグナルとして組み込まれる可能性もあるので、今の内からしっかりと設定するようにしておきましょう。

 

プラグイン「Broken Link Checker」で、サイト内のリンク切れをチェック

WordPressには、「Broken Link Checker」というプラグインがあります。
このプラグインをインストールしておくと、記事内のリンク切れを定期的にチェックしてくれるので、便利です。

リンク切れがあることで、Googleが検索順位を意図的に下げることは無いです。
ただ、ユーザービリティーが下がり、ページの品質が下がります。

品質が落ちると、ページの利便性も下がり、結果的に検索順位が下がるといったことも考えられるので、
極力、リンク切れは無くした方がいいです。

 

H2、H3、H4タグを使って、記事を段落ごとに分けて見やすくする

H2タグH3タグ、出来ればH4タグも使って、段落に見出しを付けて、記事を見やすくして下さい。
記事を見やすくすることでページの質も上がり、ユーザビリティも上がります。

また、H2タグH3タグH4タグにもキーワードをちりばめて下さい。
その際、各タグには異なるキーワードを入れて下さい。

そうすることで、メイン以外のキーワードでの流入も期待できるので、
アクセス数も増える可能性があります。

 

URLは短くして、エイリアス(www)を付けない

URLは短くするのが基本です。
余分なディレクトリは挟まずに、出来る限り短くして下さい。

また、エイリアス(www)も付けないで運用して下さい。
「www.example.com」へのアクセスは「example.com」へリダイレクトするように設定して、
wwwなしのURLへ統一して下さい。

.htaccessを使って設定すると、wwwなしへの統一は簡単です。

.htaccessに記述する内容は以下です。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.sample\.com
RewriteRule ^(.*)$ http://example.com/$1 [R=301,L]

 

HTTPS通信の設定は出来ていて当たり前(常時SSL通信設定)

Googleは常時SSL通信の設定も、
影響はわずかですが、検索ランキングのシグナルとして使用しています。

今は格安SSLも多く出てきましたし、無料のSSL(Let's Encrypt)も多くのレンタルサーバーで使用できるようになっているので、
必ずHTTPSの常時通信設定は行って下さい。

常時SSL通信設定は、.htaccessを使って設定すると簡単です。

.htaccessに記述する内容は以下です。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]
</IfModule>

 

レスポンシブ対応は出来ていて当たり前

今更ですが、レスポンシブ対応は出来ていて当たり前です。

既存のテーマは有料・無料に問わず、ほぼレスポンシブ対応は行われていますが。
オリジナルで作成する場合でも、レスポンシブ対応は必須です。

事情がある場合には、PCサイトとスマホサイトのURLが分かれてしまうことも仕方ないですが、
その場合には、canonicalタグを設定するなどして、
URLが分散しないようにだけ注意して下さい。

 

モバイル側の表示を重視すること

既にモバイルファーストインデックスが導入されてからかなりの日数が経ちます。

PCよりもモバイルの表示が優先される時代なので、
モバイル側での表示設計を優先させて下さい。

モバイルファーストでサイト設計を行いましょう!ということですね。

 

内部対策の出来ているテーマを利用

作成したサイトを少しでも正確に評価して貰うためには、
内部対策を行って、クローラーが自サイト内の情報を辿りやすくしておく必要があります。

ただ、案件ごとに自分で全て対応するのはかなり大変です。

内部対策をしっかりと施されているテーマも多数あるので、
オリジナルで作成する必要が無いのであれば、既存のテーマを購入するようにしましょう。

 

記事には目次を付けて見やすくする

記事内のコンテンツ量が多くなる場合には、目次を付けて見やすくして下さい。

目次機能は、独自で開発すのはかなり大変なので、
プラグインを使用して実装して下さい。

おすすめのプラグインは、「Easy Table of Contents」です。
参考:WordPressの目次用プラグインはEasy Table of Contentsがおすすめ

もしくは、目次機能がデフォルトで付いているテーマもあるので、そういったテーマを購入することを検討して下さい。

 

画像にaltを設定する

画像をアップロードする際、alt属性を設定されていない方が多いです。

画像アップロード時に、メディア設定画面に「代替テキスト」という項目があるので、必ず設定して下さい。

WP「代替テキスト(alt)」を設定

 

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

Twitter

アーカイブ

PAGE TOP