SEO(エスイーオー)

SEO

動的ページの擬似静的化はSEO的に意味あるの?

動的に作成したページのURLを静的ページに見せ掛ける処理って、
よく行われることだと思います。

私もよく行います。
WordPressで作成したサイトは勿論ですが、オリジナルで作成した場合にも.htaccessを使って設定するようにしています。

それでは、
この対応ってSEO上は意味があるのか?という話です。

結論から言うと、私は意味はある!と考えています。
ただし、静的URLが動的URLよりもインデックスされやすいということは無いです。

そこで、今回は
■擬似静的化URLとは?
■擬似静的化がSEO上意味を成す理由
■静的URLが動的URLよりもインデックスされやすい?
といった点についてまとめていきます。

擬似静的化URLとは?

まず、動的URLとは「http://example.com/?id=1」のように、パラメータ「?id=1」がくっ付いているURLのことを言います。
このパラメーターむき出しのURLって、なんか見た目も悪いですし嫌ですね。

そこで、実際には動的ページとして作成されているにもかかわらず、URLだけ静的ページと同じように見せ掛けることがあります。

例えば、
http://example.com/seo/

http://example.com/seo.html
のようにです。

このURLのことを擬似静的化URLと呼び、WEB制作の現場では良く行われる手法です。

それでは、この擬似静的化が行われる理由ですが、
単純に、静的URLの方が動的URLよりもインデックスされやすいと言われていたからです。

このインデックスについての話は、あとでもう少し詳しく説明しますが、
こういった理由からURLの擬似静的化が行われてきました。

擬似静的化がSEO上意味を成す理由

SEO上意味を成すと考えているのは、URLにキーワードを含めている場合です。

例えば、SEOに関して記載した記事ページであれば、
URL(http://example.com/?id=1)を、
http://example.com/seo/

http://example.com/seo.html
のように見せ掛けることで、
URLには「SEO」というキーワードが含まれることになります。

Googleは、URLに含まれるキーワードも検索ランキングのシグナルとして使用すると言っているので、
URLに狙っているキーワードを含めることもSEO対策になります。

シグナルとしては微々たるものですが、
こういったことをきっちりとやっていくことも重要です。

静的URLが動的URLよりもインデックスされやすい?

まだ、Google検索エンジンのクローラーが未熟だったころは、動的ページのURLがインデックスされないと言われていました。
その為、動的ページのURLを静的ページのURLに見せ掛けていたという歴史があります。

ただ、今は動的URLも静的URLも問題なくインデックスされます。

動的URLの方がインデックスされにくいということもないので、
この点に関しては気にする必要はないです。

WordPress短期学習プログラム

関連記事

  1. SEOの関連タグ
  2. SEO(エスイーオー)

    SEO

    HTTPS通信(SSL化)することによるSEO上の効果を検証してみる!!

    昨年、GoogleがHTTPS通信(常時SSL通信)されたペー…

  3. SEO(エスイーオー)

    SEO

    【WordPress】これだけはやっておいて損のないと思うSEO対策

    WordPressとSEOについてインターネットでWo…

  4. SEO(エスイーオー)

    SEO

    URLでもSEO対策!?

    URLにキーワードを入れておくと、SEO対策になる?という話し…

  5. URLの正規化とは?
  6. XMLサイトマップとは

最近の記事

  1. WordPressのセキュリティ対策(脆弱性対策)
  2. ドメイン失効
  3. SEO関連タグ
  4. SEO関連タグ
  5. レンタルサーバー(共用サーバー)
  6. システム開発用のアイキャッチ
  7. システム開発用のアイキャッチ
  8. ドメイン 利用制限
  9. WP:WordPress(ワードプレス)
  10. システム開発用のアイキャッチ
PAGE TOP