SEO(エスイーオー)

動的ページの擬似静的化はSEO的に意味あるの?

動的に作成したページのURLを静的ページに見せ掛ける処理って、
よく行われることだと思います。

私もよく行います。
WordPressで作成したサイトは勿論ですが、オリジナルで作成した場合にも.htaccessを使って設定するようにしています。

それでは、
この対応ってSEO上は意味があるのか?という話です。

結論から言うと、私は意味はある!と考えています。
ただし、静的URLが動的URLよりもインデックスされやすいということは無いです。

そこで、今回は
■擬似静的化URLとは?
■擬似静的化がSEO上意味を成す理由
■静的URLが動的URLよりもインデックスされやすい?
といった点についてまとめていきます。

擬似静的化URLとは?

まず、動的URLとは「http://example.com/?id=1」のように、パラメータ「?id=1」がくっ付いているURLのことを言います。
このパラメーターむき出しのURLって、なんか見た目も悪いですし嫌ですね。

そこで、実際には動的ページとして作成されているにもかかわらず、URLだけ静的ページと同じように見せ掛けることがあります。

例えば、
http://example.com/seo/

http://example.com/seo.html
のようにです。

このURLのことを擬似静的化URLと呼び、WEB制作の現場では良く行われる手法です。

それでは、この擬似静的化が行われる理由ですが、
単純に、静的URLの方が動的URLよりもインデックスされやすいと言われていたからです。

このインデックスについての話は、あとでもう少し詳しく説明しますが、
こういった理由からURLの擬似静的化が行われてきました。

擬似静的化がSEO上意味を成す理由

SEO上意味を成すと考えているのは、URLにキーワードを含めている場合です。

例えば、SEOに関して記載した記事ページであれば、
URL(http://example.com/?id=1)を、
http://example.com/seo/

http://example.com/seo.html
のように見せ掛けることで、
URLには「SEO」というキーワードが含まれることになります。

Googleは、URLに含まれるキーワードも検索ランキングのシグナルとして使用すると言っているので、
URLに狙っているキーワードを含めることもSEO対策になります。

シグナルとしては微々たるものですが、
こういったことをきっちりとやっていくことも重要です。

静的URLが動的URLよりもインデックスされやすい?

まだ、Google検索エンジンのクローラーが未熟だったころは、動的ページのURLがインデックスされないと言われていました。
その為、動的ページのURLを静的ページのURLに見せ掛けていたという歴史があります。

ただ、今は動的URLも静的URLも問題なくインデックスされます。

動的URLの方がインデックスされにくいということもないので、
この点に関しては気にする必要はないです。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

アーカイブ

PAGE TOP