SEO(エスイーオー)

URLでもSEO対策!?

URLにキーワードを入れておくと、SEO対策になる?という話しです。

URLは検索ランキングに影響する?

以前から言われていることですが、Googleの検索エンジンは、URLの中に含まれるキーワードも見ています。
つまり、URLも検索ランキングに少なからず影響するということです。

恐らく、シグナルとしての強さは微々たるものなので、検索ランキングに大きく影響することはないです。
が、こういったことの積み重ねも大事なので、URLにもキーワードを含めることが重要になってきます。

要は、ページ作成時や記事投稿時などには、URL設計も怠らずに、事前にしっかりと行いましょう!
ということですね。

 

ユーザーにページのコンテンツを伝えやすい

URLにキーワードが含まれていると、そのページの内容を想像しやすいですよね。

例えば、
https://example.com/seo/というURLのページがあれば、
URLから、そのページがSEOについて書かれた記事だということが予想できます。

URLは、
ブラウザのアドレスバーからユーザーの目に触れることが多いですが、
他サイトからリンクを貼られたり、SNSで拡散された場合にもユーザーに見られます。

つまり、ユーザビリティーという点でも、URLにキーワードを含めるということは大切になってきます。

ちなみに、ページの内容と全く関係のないキーワードを含めるのは止めてください。
例えば、
https://example.com/seo/というURLなのに、
ページの内容が食べ物に関する内容だったら、
そのページに訪問してきたユーザーは時間の無駄になってしまいます。

必ず、ページの内容に合ったURLの作成を心掛けてください。

 

複数キーワードを含める場合にはハイフン(-)で区切って下さい

もし、URLに複数のキーワードを含める場合には、それぞれのキーワードをハイフン(-)で区切ってつなげてください。

例:
この記事のように、「SEO」と「URL」「キーワード」に関連する記事の場合には、
https://example.com/seo-url-keyword/というようにしてください。

ちなみに、ハイフン(-)ではなく、アンダーバー(_)でキーワードをつなげてもOKです。
ただし、キーワードをつなげる場合には、厳密にはハイフン(-)を使用するので、
どちらを使うかということに特にこだわりがなければ、ハイフン(-)を使ってください。

参考:【URL】ディレクトリ名とアンダーバーとハイフンと

 

既存記事のURLも変更すべき?

既存の古い記事の場合、URLにキーワードを含んでいないということは多々あります。

その場合、
キーワードを含めたURLに変更すべきかどうか?
というと、そこまでする必要はありません。
むしろ、URLが変わってしまうので、マイナスになりかねません。

あくまで、URLに含まれるキーワードのSEO効果は微々たるものなので、
既存ページのURLまで変更する必要はありません。

私のこのブログもディレクトリ部分の設定を記事IDにしてしまっているので、
そのままの運用を続けています。

本音を言えばキーワードを含めたURLを設定できるように変更したいのですが、
・URLが変わってしまい、SEO上、マイナスになる可能性がある
・数が多いので、変更にはかなりの時間を要する
といったことを考えると、この先も、このままの運用を続けていくと思います。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

Twitter

アーカイブ

PAGE TOP