ホームページ制作ツール

Wix(ウィックス)はSEO対策には不向き?デメリットは!?

Wix(ウィックス)ってどうなの?

今回は、Wix(ウィックス)についての記事なので、今更ですがという内容の投稿です。
※Wixについては、既に多くの方が情報を公開されています。

時々、
・Wixってどうなの?
・WordPressと比べてどうなの?
といった質問をされることが良くあります。

Wixは、無料でホームページを作成できるツールとして有名ですが、
正直、「WordPressの方がおすすめです!」というのが、私の意見です。
目的や状況(例えば、ホームページの制作にお金を掛けられないなど)にもよるので一概には言えないですが。

理由としては、
・SEO対策でできることがまだ不十分
・自由度がそこまで高くはない
といった点です。

そこで、Wixを実際に利用する上で感じているデメリットについてまとめてみました。

 

Wixのデメリット

・SEO対策が微妙

Wixでも最低限のSEO対策を出来きるので、他のツールと比較して大幅に劣っている訳ではないです。

ただ、やはり、WordPressと比べると、出来ることは少ないと思います。
※WordPressの場合、プラグインを使うことで様々な設定を追加出来ますし、PHPを触れるのであれば、独自に開発してもいいと思いますが、頑張れば、ほぼ100点に近いレベルでの対応も可能です。

・独自ドメインを利用するには、有料版を利用する必要がある

ホームページを公開するには独自のドメインを取るのが一般的で、年間費用が数千掛かります。

Wixも独自ドメインを取得してサイトを公開することが可能です。
ただし、独自ドメインでの公開には有料サービスを申し込む必要があります。

因みに、Wixでは独自ドメインを取得しなくても、ホームページの公開は可能です。
ただし、独自ドメインでの運用はSEO対策にもなるので、必ず独自ドメインを取得されることをおすすめします。

・無料版のままだと、広告が表示される

ホームページから広告を消したければ、有料版を利用する必要があります。

・テンプレートを途中で変更できない

一度テンプレートを選択すると、途中で変更することができません。
もし変更する場合には、別途テンプレートを選んで別サイトを作成し直し、そちらにドメインを紐づけ直すしかないです。

・デザイン編集の自由度が低い

お洒落なテンプレートが600以上用意されているので、デザイン選びに迷うことは無いですが、
お客さんの要望に沿って、選んだテンプレートをどんな風にでも編集できるわけではありません。

例えば、選んだテンプレートのデザインを大幅に変更することはできません。
あくまで、そのテンプレート内でテキストや画像を配置したり、動かしたりできる程度です。

そもそも、Wixは手軽にホームページを公開できるツールなので、
大幅に変更したいという方には向いていないですが。

・日本語の電話サポートが無い

対応している電話サポートは、英語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語のみです。
[ Wix への電話でのお問い合わせ ]

・表示速度が遅い

ユーザー側のページの速度が少し遅いです。

Wixの使用を止めなければいけない程の遅さではないですが、
Googleは、(影響は小さいですが)速度も検索ランキングの指標に組み込んでいるので、注意が必要です。

・ページ数が増えると、ページ編集が重くなる上、各ページの管理が煩雑になる

Wixはページ数が増えてきた場合のページ管理管理の仕組みが上手く設計されていません。
また、ページ編集画面も徐々に遅くなってくるので、注意が必要です。
※ページが飛んでしまわないように、こまめに保存した方がいいです。

・日本語対応が中途半端

海外製のツールの為、日本語対応されていないアプリケーションなどもあり、完全に日本語対応はされていません。

・利用できるサーバの容量が少ない

そこそこの規模になってくると、そもそもWixでの運用はおすすめしないので、あまり関係ないかもしれないですが、
利用できるようサーバ容量は、独自にレンタルサーバを借りる場合よりもかなり少ないです。

・サーバの移管(引っ越し)が出来ない

もし、Wixを止めて他のサービスに移行しても、Wixで公開しているサイトを別サーバに移行することはできません。

・バックアップ機能がない

 

Wixが向いている方

・お金を極力掛けたくない
・お洒落なデザインにしたいが、自分でHTMLやCSSを自分でいじるのは避けたい
・SEO対策はそこそこでもOK(ホームページからの集客は見込んでいない)
という方には、Wixをおすすめします。

 

最後に

Wixのデメリットについてまとめましたが、Wix自体が悪いシステムという訳ではありません。

使ったことがある方であれば、むしろその素晴らしさは分かると思います。
手軽にサイト公開できますし、個人的には、デザインも好きです。

が、やはり、制作の現場にいると、諸々の点でWordPressと比べて劣っているように思います。

個人でホームページ制作に挑戦される方であれば、
・Wixで自分の理想とするホームページをどこまで実現できるのか?
を調べた上で、使用して下さい。
※個人でやられるのであれば、アカウントを開設して、一度ざっと触ってみてもいいと思います。

制作会社の方であれば、
・お客さんの予算
・お客さんが求めているホームページの役割
などをヒアリングした上で、
「Wixで大丈夫!」と判断できれば、使用されることをおすすめします。

因みに、同様のサービスとしてjimdo(ジンドゥー)も有名です。
また時間のある時に、jimdoについてもまとめます。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

Twitter

アーカイブ

PAGE TOP