ホームページを活用

ホームページを活用してますか?

この仕事をしていると、いくらSNSが普及したとはいえ、まだまだホームページを持つということの重要性については日々実感しています。

もちろん、ただホームページを持てばいいという訳でありません。
作って放置ではもったいなく、多くの機会を損失していることになります。

未だにホームページに対して何も期待されていない、
というか、「作ったところで、大して問い合わせも増えないだろう。。。」といった考えの方も多いです。

結果、今までの集客方法を変えようとせずに、ホームページは作ったけど活用せずに放置。。。
で、WordPressを入れていても、ほぼ記事を更新されない。。。
などいうお客様も多いです。

が、経験から言えることは、中身のある記事(良質なコンテンツ)の投稿を継続して行えば、必ず結果は出ます。

1点、弊社のお客様の例を上げてみます。
■弊社でリニューアルする前は、数ページ程度で構成された静的サイト

■弊社でWordPressを使ってサイトをリニューアル

お客様自身で、記事の新規投稿や既存記事のメンテナンスを実施
※「既存記事のメンテナンス」とは、古くなった情報などの修正を指します。

このお客様の場合、社内で画像を作成したり、HTML・CSSについて分かる方がいらっしゃったということもラッキーだったのですが、
1記事辺りに多くの画像を使用して、かつ、文字数もかなり多い(数千文字)記事を、高頻度で投稿されていました。

■結果は、当然大幅に問合せ数が増えました。

■その後、お客様から言われたのは、
ホームページってきっちりと作って、更新を継続すれば、問合せって増えるんですね!
ということです。

以前のホームページは静的ページのみで構成されていた為、
変更箇所が発生すれば、その都度、外部の委託先に連絡して修正されていたそうです。

ですが、今回のリニューアルでホームページの重要性をとても認識されたようです。

で、何が言いたいかというと、
弊社はホームページを制作したと言っても、器を作っただけということです。
結局、作った後は、しっかりと記事投稿を継続しなければ、今の時代、結果は出ない!ということです。

逆に、記事の投稿を継続しなければ、今のGoogleの検索エンジンはかなり賢くなったので、結果が出ないどころか、マイナスにしかなりません。

■なんやねん、このサイト!全く情報が更新されないやん
■これ、何も情報が無いスカスカのサイトやん
■せっかくサイトを見に来たのに、欲しい情報が何も公開されてへんやん
みたいな感じでGoogleに認識されてしまう前に、
しっかりと記事の更新を行うようにしましょう。

ただ、1点注意すべきは、薄っぺらい情報の記事であれば、いくら高頻度で更新しても、あまり効果は出ません。

このご時世、任されている業務が記事の更新のみという方はほとんどいないと思います。
他の業務もこなしながら、自社サイトの更新も行う!という方も多いと思います。

なので、高品質のコンテンツの記事を高頻度で投稿するのはかなり大変だと思います。

でも、やらないと、せっかく作ったサイトがもったいないです。

例えば、画像はストックサイトで購入したり、初稿記事の作成だけ外部委託する、
などすれば、多少の余裕はできると思います。

働き方改革が叫ばれている今の時代に働き過ぎは注意が必要ですが、
限られた業務時間内で、サイトのメンテナンスを行う時間も上手く割り振っていくことも大事です。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

Twitter

アーカイブ

PAGE TOP