eclipse 画面

eclipseのインストールと日本語化

前回Javaのインストールを行ったので、

次はeclipse(エクリプス)のインストールです。

 

まずは以下のサイトから

http://www.eclipse.org/

 

eclipseのダウンロードサイト

※「Eclipse IDE for Java Developers」をダウンロードします。
※32bit版と64bit版のどちらが必要かは、インストールするPCの環境を確認します。

 

インストールは、

ダウンロードしたZIPファイルを任意の場所に解凍するだけで完了です!!
簡単です!!

 

私の場合は「C:\」直下に解凍します。
なので、インストール先は「C:\eclipse」となります。

 

あとは、

実際に起動させてみます。

 

インストールしたディレクトリの中に「eclipse.exe」というファイルがあるので、

それをクリックします。

eclipse実行ファイル

しばらくすると、

以下のような画面が開くので「Workspace」として使用するディレクトリを選択します。

 

eclipse workspace

私はデフォルトのディレクトリをそのまま利用するので、

 

変更せずにこのまま「OK」をクリックすると、

 

以下のようなeclipseの画面が開きます。

eclipse 初期画面

 

ただし、以下のように各アイコンにマウスを当ててやると、

 

英語での表示になっています。

eclipse 画面

このままだと英語表記のままになってしまうので、

 

Pleiadesプラグインを使ってeclipseを日本語化してやります。

 

まずは以下のサイトよりPleiadesプラグインをダウンロードします。

http://mergedoc.sourceforge.jp/

 

サイトの少し下に移動すると以下のような部分があると思います。

eclipse 日本語化ファイルダウンロード

「最新版」か「安定板」のどちらか好きな方をダウンロードします。
※私は「安定板」を使います。

 

ダウンロードしたZIPファイルを解凍すると「features」と「plugins」というディレクトリと「eclipse.exe -clean.cmd」というファイルがあるので、

 

それをそのままコピーしてeclipseのインストールディレクトリ(C:\eclipse)の中に張り付けてやります。
※eclipseのインストールディレクトリの中には既存の「features」ディレクトリと「plugins」ディレクトリが存在するので、
それらは上書き保存します。

 

次に、

eclipseのインストールディレクトリ(C:\eclipse)の中にある「eclipse.ini」というファイルを開いて、

 

一番下に

-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

という1行を追記してやります。

↓こんな感じ

eclipse eclipse.iniファイルの編集

 

最後に、

先ほどコピーした「eclipse.exe -clean.cmd」をコマンドプロンプトから実行してeclipseを起動させます。
※「eclipse.exe -clean.cmd」は日本語化を反映させるためのものなので、
一度実行すれば次回からは通常通り「 eclipse.exe」からeclipseを起動させれます。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

Twitter

アーカイブ

PAGE TOP