Java

Javaの設定(インストールからコンパイル、実行確認まで)

次はJavaのインストールです。

 

まずは下記サイトより最新版をダウンロードします
http://www.oracle.com/technetwork/java/index.html


※現時点での最新版は「jdk-7u21-windows-i586.exe」になります。

ダウンロードが完了すれば、

その実行ファイルをダブルクリックしてインストールを開始させます。

 

Javaインストール画面01
まずは、ここで「同意する」をクリックします。

Javaインストール画面02

「インストール先」を変更する場合には「変更」ボタンより行ってください。

因みに、

私は「Program Files」の Progra と Files の間の半角スペースが嫌いなので、

C:\Java\jdk1.7.0_17\」へ変更します。

で、「次へ」をクリックするとインストールが開始されて、

以下のようなインストール画面になります。

 

Javaインストール画面03

Javaインストール画面05

途中「インストール先」を聞かれるので、

変更がなければそのまま「次へ」をクリックします。

ここでも、私は「C:\Java\jre7\」へ「インストール先」を変更します。

で、

しばらくするとインストールが完了して以下の画面になります。

Javaインストール画面05

 

次は、

インストールが正常に行えたかのチェックです。

 

まず、コマンドプロンプトを立ち上げて、

cd C:\Java\jdk1.7.0_17\bin

と入力してJavaのインストールディレクトリに移動します。

Javaインストール コマンドプロンプト

「java -version」

と入力してJavaのバージョンをチェックします。

Javaインストール バージョンチェック

インストールしたバージョンを確認できたので、

これでインストールの確認はOKです。

 

次は、

念の為にJavaの実行テストも行っておきます。

 

まず、

Javaの作業ディレクトリを作成してそこに「Hello.java」というファイルを作成します。
※今回は「C:\Java\work」という作業ディレクトリを作成します。

 

で、

そのファイルに以下のように記述します。

public class Hello {
    public static void main(String[] args) {
        System.out.println("Hello World");
    }
}

ありがちですが、「Hello World」と表示させるコードです。

 

で、

以下のように入力してコンパイルを行います。
「javac C:\Java\work\Hello.java」

 

コンパイルが完了すると、

以下のコマンドでJavaのクラスファイルが作成されたことを確認します。
「dir C:\Java\work」

Java コンパイル

「Hello.class」というファイルが作成されていることが確認できると思います。

 

あとは作業ディレクトリに「C:\Java\work」に移動して、
「java Hello」と入力してプログラムを実行します。

Javaの実行

「Hello, world.」と表示されていることが確認できれば、

作業完了です。

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. ドメインについて
  2. WP:WordPress(ワードプレス)
  3. URL設計(URLデザイン)
  4. URL「ディレクトリ名」と文字アンダースコア(_)とハイフン(-)
  5. SEO対策(外部ファイルの読み込み)
  6. URL リダイレクト
  7. インデックスされない
  8. 内部対策は必要?
  9. CMS(シーエムエス)
  10. SEO業者は必要?

Twitter

アーカイブ

PAGE TOP