シェア調査

主なWEBサーバのシェア

WEBサーバのシェアについてのお話です。

主なWEBサーバのシェア

W3Techsの調査では、とうとうNginxのシェアが40%を超えてしまいました。

現時点(2019年3月)での主なWEBサーバのシェアは以下です。
WEBサーバのシェア(2019年3月)
参照:W3Techs.com「Usage Statistics and Market Share of Web Servers」

こちらが、ここ1年間でのシェアの推移です。
WEBサーバのシェア推移(2019年3月)
参照:W3Techs.com「Historical trends in the usage of web servers」

Apacheが依然首位にいますが、徐々にシェアが落ちてきています。
逆に、Nginxのシェアが徐々に伸びてきているので、近い内にNginxに抜かれるのは確実ですね。

私がWEBの世界に入ったころは、WEBサーバと言えばApache一択といった雰囲気だったので、
これも時代の流れですかね。

といっても、Apacheもまだ43%以上のシェアを持っていますし、
多くのサイトがApacheで運用を続けています。

Apacheが消えるということはないですし、
しばらくはNginxと競い合いながら高いシェアを続けるのではないでしょうか。

 

LiteSpeedという超軽量WEBサーバ

Apache・Nginxとは別に、もう一点注目して頂きたいのがLiteSpeedというWEBサーバです

LiteSpeedとは、最近注目のWEBサーバで、
Apache、Microsoft、Nginxに続く第4のWEBサーバとも言われているそうです。

その特徴は、
Apacheと高い互換性
Nginxよりも高速なWEBサーバ
HTTP/2を完全サポート
として注目されています。

Apacheと高い互換性を持っているということは、現在Apacheを採用していサーバ運用者からすると、
当然LiteSpeedへの乗り換えも視野に入ってきますし、Nginxよりも高速というのは、とても魅力的です。

国内ではLiteSpeedを採用しているサーバはまだ少ないですが、
最近人気のmixhost(ミックスホスト)というレンタルサーバがLiteSpeedを採用していることで少し話題になりました。

Apacheがすぐに消えることはないですが、今後のLiteSpeedの動き次第では急激にシェアを失っていく可能性も考えられます。

0
この記事を書いている人
株式会社ディープ

名前ダッチ

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

Twitterはこちら >>

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 共用サーバ(レンタルサーバ)
  2. サーバー
  3. リマーケッター
  4. 不動産会社向けのWordPressテーマ
  5. レンタルサーバ:おすすめの共用サーバ
  6. ホームページを活用
  7. Perl(パール)
  8. Perl(パール)
  9. ホームページを活用
  10. データ転送
ConoHa WING 2周年キャンペーン中

アーカイブ

PAGE TOP