WPプラグイン Check Copy Contents

WordPressプラグイン「Check Copy Contents(CCC)」でブログを改善

Check Copy Contents(CCC)とは

Check Copy Contents(CCC)」とは、自分のサイトに訪問してくれたユーザーが、
その記事の内容(記事の文章)をコピペした際に、コピペした内容をメールで通知してくれるプラグインです。

※記事のコピペを監視するためのプラグインであって、決して記事のコピペを防止するためのプラグインではないので、注意して下さい。

で、このプラグインをインストールする目的は、
ユーザーが記事の中のどういった内容に注目してるのか?」を洗い出し、よりユーザーが求めている内容の記事に仕上げてくことです。

例えば、
私のブログではPHPのコードを載せている記事も多く、そのコードの部分をよくコピペされています。

つまり、
・PHPについての記事を書く場合には、必ずサンプルコードも載せておいた方がいい?
・PHPのコードを記載した記事を増やせば、よりユーザーが興味を持ってくれるブログになるかも?
などといった予測が立てれます。
※他にも多くの予測が立てれるので、いろいろと予測を立てて試行錯誤することが重要です。

それでは、プラグインのインストール方法から順番に説明していきます。

 

インストール

プラグインのインストール画面から「Check Copy Contents(CCC)」を検索して、
検索結果に出てきたら「今すぐインストール」ボタンをクリックして、そのままインストールして下さい。

インストールが完了したら、「今すぐインストール」ボタンが「有効化」ボタンに表示が代わるので、
忘れずに有効化まで行っておきましょう。

 

利用方法

利用方法と言っても、インストールして有効化しておけば、
誰かが記事をコピペする度にメールで通知が来るというシンプルな仕様になっています。

試しに自分のブログの記事をコピペしてみて下さい。
管理者のメールアドレスに通知が届きます。

メールの内容はこちらです。
「Check Copy Contents(CCC)」からの通知メール

コピペされた内容だけではなく、日時該当記事のURLIPアドレスブラウザリファラーを通知してくれます。

仮に、怪しいなと思うようなコピペを行っている場合(例えば、記事全文をコピペしている場合など)には、
そのIPアドレスからのアクセスをブロックしてしまうことも可能なので、助かりますね。

※特定のIPアドレスからのアクセスをブロックする場合には、.htaccessなどを使うと簡単に対応できます。

こちらのプラグインは問題も1点あって、コピペされる度にメールで通知が届くので、非常に多くのメールが届きます。
お仕事などでメインで使われているメールアドレスに通知が届くように設定していると、
他の重要なメールが埋もれてしまって、整理が大変になります。

出来れば、サブで使われているメールアドレスに通知が届くようにしておいた方がいいです。

管理画面

こちらのプラグインは、一応専用用の画面も用意されています。
「設定」の中にある「CCC設定」メニューをクリックして下さい。

設定内容は画面を見て頂ければ分かると思いますが、
「通知先のメールアドレス」「通知メールの件名」「通知メールのアドレス」「感知する文字数」などを変更することが可能です。
「Check Copy Contents(CCC)」設定画面

この記事を書いている人
株式会社ディープ
名前足立拓也

メールアドレスadachi@deep-deep.jp

関連記事

最近の記事

  1. SEO対策とは
  2. SE(システムエンジニア)
  3. カメラ
  4. アクセス解析
  5. ファイアウォール
  6. 一眼レフカメラ
  7. システム開発用のアイキャッチ
  8. FTPサーバー
  9. システム開発用のアイキャッチ
  10. Warning
PAGE TOP